【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

SONYの無線イヤホン<MDR-XB70BT>をイギリスで購入

この度、SONYのMDR-XB70BT(bluetooth対応ヘッドフォン)を購入しました。
イギリスで日本の電化製品を買うのは初めてなので、それも兼ねて記録しておきたいと思います。
(はじめに私のメカに対する能力は「与えられたものは、慣れのみである程度は使えるようになる」レベルであることをご了承いただければ幸いです。)

<買うまでの経過>

私の家の前は交通量が比較的多い通りで、その上隣の区画に警察署があるため、パトカーや緊急車両が出動する際の派手なサイレン音は半端ではありません。

私は現在毎日25分、自宅で格安のWEB英会話授業を受けていますが、その際には外の騒音を遮断するために部屋の窓を閉め切ります。
部屋にクーラー設置の文化がないイギリスの夏の暑い日は、泣く泣く暑さに耐えて授業を受けるしかありません。そして特に暑かったある日、25分後に授業を終えた頃には、熱中症状態でフラフラになっていました。

これはいかん!と、夫に相談し、bluetooth対応のイヤホンの購入を検討。
3000円位のものを買おうかと言うと、夫、

「今年の3月、北京からメルボルン行きの機内で、ヘッドホン(正しくはリチウム電池)が発火し、使用していた女性が顔や首にやけどをしたというNEWSがあった。そんなことがあるから、せめてしっかりしたものを買ってほしい」

というではありませんか。
イヤホンやヘッドフォンてそんなに怖いものなの!??という恐怖心が芽生え、既に目をつけていた海外ものはあきらめ、やはり日本製を、ということで、安心のブランド「SONY」のイヤホンシリーズの中から選ぶことになりました。

でも、一体どうしたらこういう事故を防げるんでしょうかね。ネットでは、
バッテリーを搭載した機器に「UL認証マーク」があるかどうかを確認したり、オークションやオンラインショップで購入した出処のはっきりしない安価な無線ヘッドホンは、買わないほうが無難、などの注意喚起がされていましたが、スマートフォンも発火したりもしているし。。

もう、最終的には購入する自分の「」を信じるしかありません(涙)。

<購入>

高音質で高コスパ!一万円以下で買えるBluetoothイヤホン
こんな記事を参考にしたりして、

結局、AMAZON UK で、<MDR-XB70BT>・・・私の使っている、iphone6,
iphone6plusにも対応している、ネックバンド式のbluetoothイヤホンを選択しました。

気になる価格ですが(笑)、
アマゾンで検索・比較すると(2018.8.1現在)、
・日本Amazon:7429円
・イギリスAmazon:£75(10950円) → £52.99(7736円

ディスカウントされており、なんと!!、日本で販売されているものより300円ほど高いだけで買うことできました。

ラッキー!!(涙)

この商品に関しては、UK内のでデリバリー料金は£1.66(約242円)。

UKでは宅配事情はそんなに良いわけでなく、荷物の紛失やらなにやら、日本では信じられない確率で起こります。

我が家では、アマゾンで頼んだものは、近所のスーパーにあるロッカーをデリバリー先に指定して、取りに行くようにしています(到着案内と同時にロック解除の番号が届きます。取り出しは簡単です)。

<商品到着!>

Bluetoothイヤホン

こんな感じです。
これに付属品として充電用のUSBケーブルが入っています。
早速2時間ほど充電しました。フル充電で9時間持つそうです。
それであなた、充電具合はどうわかるのさ!??と思ったら、


iphoneの右上に表示され、よくわかりました(笑)。



特徴

NFC機能搭載

「NFC」:Near Field Communicationの略。近距離無線通信技術。
ワンタッチ(触れるだけ)で機器認証ができ、無線通信が開始できます。

ハンズフリー通話が可能
迫力の重低音を、ネックバンドスタイルで軽快に楽しむ

などなど。

なんてったって、「EXTRA BASS」→ 極上の重低音 ですからね?

充電後、iphone6plusとペアリングし(説明の紙(絵)が入っているので簡単にできます)、早速使ってみました。

電源を入れると妙に美しくはっきりした発音で、
「Power on. Router connected.」(スイッチが入りました。ルーター(iphone)と、接続しました)
と、お告げ頂きます(笑)。
これぞ、前出のワンタッチで無線通信できるNFC機能ですね。

早速、音楽を聴いてみました。
一番先に出てきたブルーノマーズの曲がいきなりの重低音から始まりました。
が、折角の極上重低音も効きすぎていて、ちょっとばかり繊細な私の耳と心臓に良くない!!ということで、iphoneの方でイコライザを調整しました。
設定から入り、ミュージックをクリックします。

イコライザ設定にはいったら、



bassreducer

Bass Reducer(低音を下げる)」というところをクリックします。

そうなんです、せっかく極上の重低音なイヤホンなんですけれどね(汗)。調整後でも重低音は他の音といい感じに奏であいながら聞こえてくるのです。

試しに色々聞いてみました。

高音ボイスのSuperflyも、低音ボイスのAIも、フラットボイスのエドシーランも、バイオリン協奏曲も、JAZZも、R&Bも、自分的にはいい調子で楽しむしむことができました。本当はこのイヤホン、クラブ系に向いてるらしいのですが、あいにく私のミュージックの中にクラブ系とやらが存在しないので確認できませんが、イコライザの設定を変えなければ、かなりずっしりとした重低音でクラブ気分を楽しめることと思います。

とりあえずiphone付属品のイヤホンしか使ったことのなかった私の耳とハートには、大革命です(涙)。

肝心のマイク機能もばっちりです。
イヤホンも自分の耳にぴたっとフィットしていて(大きさは4種類から選択できます)、音漏れがなくしっかりとと聞き取れます。夫と入れ替わって、聞き取りの方も確認しましたが、iphoneのマイクに頼っていただけの時とは違い、伝わってくる音がはっきり美しかったです。さすがー!!(嬉)

43gのネックバンドもほとんど意識せずに過ごせます。

ただ一つ。

左の首元に操作できる機能が集約されているのですが、音量のボタンと曲のスキップが同じボタンで、音量を下げる時は2秒押し、スキップするときは一度押し、のようなのですが、これがなかなか難しい。
習得には多少の修行が必要です。

しかし、なにより、
無線ってことが素晴らしい!!もう有線には戻れません!!!

電源を落とすと、再び美しい声で「power off」と告げられます。

私はすっかりこのイヤホンのとりこになり、毎日愛用しています。

Posted by まゆ


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ