【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

美輪様の講演会

今日は、浜松の従姉T子嬢の誘いで、K市に美輪明宏様の講演会に行って参りました。

なんで美輪さんがK市に来られたのかは謎ですが、主催者によると、チケット購入の人々から、
「ほんとに、ほんと~~に、美輪さんが来るんですね?!!」
と何度となく、しつこく訊かれたそうです。
チケットは2000円という値段でしたから、怪しまれるのもムリはありません。
それに、いかにものどかな感じの小ぶりな町でもあるのです・・・。

その町の古い市民会館に、開場の1時間前くらいに到着したら、かなりの長蛇の列ができていて、まあ、それでも1000人のキャパでしたから、充分前の方に座れました。

しかし、出してある講演会の看板をよく見ると、なんと

「三輪明宏」

となっていたのです
ひえ~~~!間違えてる

でも、ちょっと後になってまた見ると、

「美輪明宏」

と直した手書きの紙を貼ってありました。
慌てたんでしょうね・・・・。
でも、こういうことに慣れてない市民会館・・・という感じで、ちょっとほんわかしました。(いや、ほんわかしちゃいけないのかもしれませんが・・・)

そうこうして並んでいる時に、市民会館の人と思われるおじさんがやってきて、
「今、美輪さんはこっちに向かってるでね。
10分後くらいに、そこから入ってくるよ。見に行ったらどう?」

な、なんてのどかな!!
そんなこと言っていいのかな・・・。・・・。
そ、それに私たち、並んでるんですが・・・。見てのとおり・・。
出待ち入り待ちのおっかけの方はさすがにいないかもしれないけど、美輪さんでしょう?
K市民会館、なかなかやります。

チラシには時間は1:00から4:00までになっていて、この3時間という長い時間はなんだろう・・・。美輪さんが一人でそんなに喋るとも思えないし・・・
と思っていたら、最初に地元の女性たちのマリンバとかバイオリンのリサイタルがあって、休憩の後2時間のお話でした。

でも、2時間だって、かなり長いですよね。
大抵の講演会は、1時間か1時間半くらいですものね。

美輪様はテレビで見るまんまの美輪様でした
なんか、ああいう方が、市民会館の演壇でお話するって、なんか、不思議な絵づらでしたわ・・・。

誘ってくださったT子嬢、一緒に行ってくださった伯母様方、ありがとうございました

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ