【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

イギリスで人気のアウトレット、ビスタービレッジへ行きました

イギリスで人気のアウトレット、ビスタービレッジ|BICESTER VILLAGEへ行きました

(英会話初心者が買い物に臨むビスタービレッジ編)

先日、友達が誘ってくれて、イギリスのアウトレットモール「ビスタービレッジ|BICESTER VILLAGE」へ行ってきました。

こちらは、イギリスでも大きなアウトレットモールで人気のアウトレットです。
イギリスツアーのプログラムにも組み込まれているものもあるようです。
イギリス王室のキャサリン妃もご常連だったと聞いており、実際、王室に嫁がれた後も、お越しになったようです。

大きさは日本の御殿場アウトレットあたりに比べると、かなり小さいですが、ハイブランドのショップが軒を連ねています。
もちろん、イギリスにあるだけあって、イギリスブランドの人気店がたくさん入っています。

Vivienne Westwood/ヴィヴィアン・ウエストウッド、Anya Hindmarch/アニヤ・ハインドマーチ、
BURBERRY/バーバリー、Paul Smith/ポールスミス、Church’s /チャーチーズ、
Emma Bridgewater/エマブリッジウォーター、CathKidston/キャスキッドソン、HUNTER/ハンター などなど。。
これはほんの一部のご紹介です。
個人的には、ウエッジウッドがあったらよかったのですが、数年前に撤退してしまったようです。

2017年10月あたりまではずっと拡張工事をしていましたが、今回すべてがOPENしており、随分、お店も増えました。
その筋のかたの話によると、御殿場アウトレット(三菱地所)と同じ経営母体のようで、作りは酷似しています。
余談ですが、ニューヨークのウッドベリーコモンのアウトレットも同様のようです。

今日は、最新の覚書として&これから行く計画のある方のご参考になるように、記事をまとめてみたいと思います。

< 住所 >

50 Pingle Drive Oxon
〒OX26 6WD (イギリスではナビシステムには、郵便番号POST CORDを入れるだけで現地まで行けます)
・googleマップで場所を検索すると、「バイチェスター」と案内が出ますが、これは間違った日本語読みで、
正確には「ビスター」です。google mapあるあるです(汗)
・週末は基本混んでいます。駐車場に限りがあるので(無料)、車をらくに停めたい場合は、平日の開店直後から一時間くらいまではノンストレスで車を停められます。

< ロンドンから電車でいかれる場合(直行)>

Marylebone駅からBicester Villege駅まで
往復チケット(Return)を購入
・Bicester North駅からBicester Villageまで往復でチケットを購入
往復25.50ポンド(2018年1月26日現在、1ポンド155.0円)
所要時間は、停車駅数にもよりますが、50分程。
Bicester village駅に着くと、通路がありアクセスは簡単です。

< ロンドンからバスで行かれる場合 >

ビスタービレッジの公式サイト内のページから、ロンドン⇔ビスタービレッジ間の直通バスの予約ができます。
詳しくご紹介くださっている外部サイトがありましたのでご紹介させていただきますね。
★ロンドンからバスで行かれる方への素敵な情報ブログ

< 割引券(バウチャー)について >

もし、あなたがJALカードJCBカードをお持ちでしたら、
是非 BICESTER VISITOR CENTREへ行ってください。

すでにディスカウントされている商品をさらにディスカウント(10%割引)できるチケットをもらえます。

カウンターで自分の番が来たら、カードを出して、「Excuse me. I have a(JAL or JCB)card. Could I have a voucher(バウチャー),please?」で、交換してもらえると思います。

バウチャーチケットをもらえたら、笑顔で「Thank you」もお忘れなく♪


以前の情報ではANAカードもバウチャー(割引券)対象だったらしいのですが、数年前からANAカードは対象外のようです。
バウチャーを持っている場合は、清算時に提示すると表示価格から10%割り引いてくれます。
(すでに値札が大幅にディスカウントされた状態で表示されている時には適応外でした。)

お会計時には、「免税(Tax free)書類は必要ですか?」と必ず聞かれるので、
国外からの旅行者の方や、近々、日本に帰国予定のある日本パスポートの方は免税が受けられますから、「Yes,please」と、必ず書類は受け取ってください。
私は現在イギリスに住んでいるので免税サービスを受けたことはありませんが、
免税サービスセンター(駐車場に面したとおりにあります)はかなり混むようなので、お時間に余裕を持って動かれるとよいですよね。

< お買い物時の注意点 >

お買い物にいくと、イギリス(外国)ならではのある種の圧迫感と戸惑いを感じることもあろうかと思います。
楽しいお買い物時間になりますように、私が気を付けたいと思っていることをいくつか挙げておきますね♪

1、お店の中には複数人の店員さんが待ち構えるように立っていて、入りにくい場合があります(特に開店直後に行った時や比較的すいているときに行った場合。)気にせず、笑顔で入りましょう。

2、お店に入るときには、「Hello」、出る時には・・・何も買わず見ただけでも、もし店員さんと目があったら「Thank you」といってお店を出ると、店員さんは気持ちよく返事を返してくれます。挨拶をしてお店を出入りするのは、アウトレットにかかわらず、イギリス国内で個人店などのショップに入ったときはされるといいと思います。

3、よほど店員さんが忙しくない限り、「何かお探しですか?」とか、「何か見たいものがあったら言ってください」と、必ず声をかけてきます。そんな時には「Thank you. Just looking.」と笑顔でお答えすると、店員さんも笑顔で答えてくれます。

4、この日、一緒に行ったお友達が、ハイブランドのお店内で見た話をしてくれました。
あるお客さん(日本人ではない東洋人)が、ディスプレイしてある高級カバンに勝手に触ろうとした時に、店員さんがそのお客さんに向かって、
「手に取る時には一言声をかけてください」と注意しているのを目撃したそうです。
明らかに特別に飾ってある商品に関しては、触る前に一言、「Can I try this one?」など、声をかけてから触ったほうがよさそうです。
帰路、車の中で「やっぱり日本人の私たちとしては、あいさつだとかマナーだとかしっかりしたいよね。」と、話しながら帰りました。

さて、この日の私の買い物ですが。

ヘンケルでパン用のまな板を買いました。

ここからさらにバウチャーを使って10%引きになり、正規のお値段より随分お得!

お食事は、パンなどが美味しい Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン )にて。
余談ですが、ル・パン・コティディアン は、ベルギー・ブリュッセル発祥のパンがとても美味しいお店です。
イギリス国内(特に、ロンドン)では多く見られますが、日本では東京に3店舗あります。
私は、芝公園店を利用した事がありますが、
パンを頼むと、テーブルに置かれたジャムなどを自由につけて食べることができます。それは、世界中共通のようです。

この日は、お店の人の説明によると、パスタがおすすめということだったので、パスタを注文。

うーん、正直、素直にパンのセットを頼めばよかった(笑)

パンの写真は撮れませんでしたが、ケーキはおいしそうでした!

イギリスでヨーロッパのハイブランドや、買い物を楽しみたい方には、おすすめのビスタービレッジです

★BICESTER VILLAGE ホームページ★

情報満載のアプリもあるようです(日本語対応はできていないようです。)



コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ