【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

黄色い歯ブラシ

庭にある牡丹にカイガラムシがつきました。

牡丹の背の低い幹の部分や、葉の付け根の部分に、白い貝殻みたいなのが、粉を吹きながら沢山、沢山並んでひっついています・・・!

大、大ショックです。

白状しますと、しばらく前から気がついていましたが、駆除するのがイヤなばっかりに見ないフリもしていました。
早く駆除しないと、花に影響がありますから、こういうことをしてはいけないんですが・・・。

でも、カイガラムシの駆除なんて、どうすればいいのかもわかりません!
ネットで調べて、薬を散布する方法もあるけど、歯ブラシでこそげ落とせばそれでよいらしいということがわかりました。

害虫は、見つけ次第駆除!・・・・いや、もうすでにちょっと経ってるけど・・・・。
でも、やらないよりはマシ!!と気を取り直し、洗面所から、いつも洗面台の掃除に使っている黄色い歯ブラシを出してきて、びっしりとこびりついているカイガラムシをこそげ落とし始めました。

しかし、これって、・・・・実に、実におぞましい作業です・・・・。

やったことのある方はおわかりでしょうが、カイガラムシって、白い粉を吹いた繭みたいなものの中に本体が入っているようなんですよね。
それがびっしり幹にこびりついているんです。

フジツボなんかも、見るとなんだかイヤ~~~な感じがしますが、カイガラムシはもっと小さいので、もう、ものすごく嫌な感じがぷんぷんします・・・!

その上、歯ブラシなんかでこそげると、中の虫・・・だと思うんですが、すごく脆くて、すぐに潰れてしまって、ぐしゃっとなるんですよ・・・。
ちょっとさわると、ぐしゃっ・・・と。

こそげ落とすだけで大丈夫って・・・・こういうこと・・・・・。・・・・。

妙に納得しながらも、断末魔のカイガラムシは、赤や茶色の粘液と白い粉が混じって、見てるとマジで吐きそうです!!!

「ぎゃ~~~~~!!サイテー!!!!!
超、超、超サイテー
やめて~~~やめて~~~~~」

と、息を詰めて作業をしていたせいか、脳の血液が足りなくなり、よろよろしながら何とか不快な作業を終えました。

これは、本当~~~~~に、大変な作業でした

去年のボウフラ入りの水を捨てた時も、そりゃあもうおぞ気をふるったものでしたが、このカイガラムシ駆除に比べれば、あんなの児戯に等しいと断言できます!!

そして、カイガラムシの「色んなもの」がついた歯ブラシなんて、持っているのもおぞましい!
ピンセットでつまんで、次元の裂け目から別の宇宙に放りだしてやりたいくらいですが、やり方がわからないので、仕方なく庭に用意してあったビニール袋にポイして、明日捨てることにしました。

ところが、今朝になって、突如家人が洗面所から大声で、

「おい!黄色い歯ブラシどこへやった?!」

と叫ぶではありませんか!!

「ええ~~~?黄色い歯ブラシ?」

「オレはあれで毎日、シェーバーを洗ってるんだよ!あれがないと、困るんだよ!」

実はあれで私も毎日洗面台を掃除していたということは言わずに、

「え?でも、他にもそこに使い古しの歯ブラシあるじゃん。これなんかどう?」

と、さりげなくシステマの歯ブラシを差し出しましたが、

「それじゃイヤだ!!あの黄色いのがいいんだ!!!」

と家人は聞きません。私はしどろもどろになって、

「で、でもあれね・・・、実は昨日カイガラムシを駆除するのに使っちゃったのよ・・・。」

「それでもいいから、返してくれよ!!あの固さが丁度いいんだよ。システマは柔らかすぎるんだよ!!」

「返すって、返すって、あのキタナイ歯ブラシを・・・・?!」

家人は、カイガラムシ駆除の後の惨憺たる歯ブラシを見ていないから平気でそういうことを言えるんだわ・・・・
あんなもの、洗うなんて冗談じゃないわ・・・・
これはもう、同じ歯ブラシを買って返す方がよいのかも・・・?

しかし、やはり昨今の世界の状況を鑑みるに、歯ブラシ一本でも大事にするべきでは・・・?!となどと殊勝なこともちらっとは考えましたが、確かあの歯ブラシはメーカーなどもハッキリしていない、どこからか貰った無印のものだったような気がする・・・?

家人の求める「固さ」を探して歩いた末、適当なものを押しつけて不興を買うよりは、おぞましい歯ブラシを洗ってしまった方が楽かもしれないし、恩も着せられる・・・・という冷静な計算の結果が出ました。

目を閉じながら他の歯ブラシで黄色い歯ブラシを洗いましたが、カイガラムシの体液はなかなか取れません。

仕方なく、重曹を使い始めてから滅多に使わなくなったキッチン泡ハイターを収納棚の奥から出してきて、歯ブラシにしゅーしゅー吹きかけ、そのまま放置しました。

やっと・・・なんとか、歯ブラシは復旧しました。

しかし、やはりほんのり微かにカイガラムシの体液の黄色い色がブラシ部分に残ってしまいました・・・。

今日、家人にこのブラシを返そうと思います。

でも、カイガラムシを駆除したこともちゃんと説明しなくてはね・・・・。
まあ、これで歯を磨くわけではないから、いいか・・・。
キッチンハイターで消毒もしたんだしね・・・・。・・・・。

こんな歯ブラシ洗ったんだから、いい妻でしょう?この貸しは大きいわよ!!と、絶対に言おうと心に決めているのは言うまでもありません。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ