【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

【御殿屋台の引き回し】浜松まつりの屋台の値段とMyラッパに驚く!

浜松祭りで「引き回し」という言葉を聞いたとき、遠山の金さんの

「市中引き回しの上、磔獄門!!」

という決めぜりふを思い出しました。

浜松祭りでも、たしかに市中「引き回す」のです。御殿屋台というものを。

しかし、異邦人には屋台と御殿の語感がどうも結びつきません。

屋台というと、ラーメン屋さんの、あの屋台でしょう?
御殿って、美しく、立派な建物でしょう?

しかも、それを引き回す・・・。

実際に見てみました!

確かに、トラックの荷台ほどの大きさと高さの屋台に、「御殿」が
載っかってます!

なんというか、スゴイ絵づらです・・・!

大型の、ちょっと間延びした御神輿というか、トラックの上にそのまま神社が載っかっているような感じです・・・。

これを夜になると、沢山の人たちが引っ張って、市内を練り歩くんです。
↓↓

しかも、この屋台、無人じゃなくて、人が乗ってます。

10人くらいの女の子たちが祭りの盛装でばっちり決めて、笛や三味線、鉦太鼓を叩いて、大小の提灯をぶらさげて、ちょっぴり無粋なことに、蛍光灯も煌々とつけて、これでもか!!とばかりに光り輝きながら、夜の街をやってくるのです。

屋台の来るルートはあらかじめわかります。屋台が近づいてくると、みんな家の前に出て見物します。

屋台の屋根には、おじさんが2人くらい乗っています。何をやってるのかなと思っていたら、屋根に引っかかってくる電線を除けるためにいるんだそうです。
(!!ただの祭りのノリじゃなかったのね・・・。)

電線にひっかかるほど高くしなきゃいいのにと思いましたが、高い方がやっぱり見栄えがしますもんね~。

なんか、近くに寄っていくと、ぶ~~ん、という機械の音と、油の匂いもします。
提灯や蛍光灯のために発電機をつけているそうです。

この屋台、みんな町に一台持っていて、美しさを競い合っているんです~~!

あと、古さも大切な要素です。古いほど格式もあるようです。

今造ると、2億はかかる屋台を(2億!?!)この祭りに参加したいばっかりに造る町もあるそうです。
(2億ものお金をどうやって捻出するのか、考えるだけでもコワイ)

そういえば、発電機のスイッチを切り忘れて、屋台の半分が燃えちゃった町もあるそうです。
(お、恐ろしい!!半分・・・。2億の半分・・・。・・・)

でも2億かけなくても屋台を造ったってかまわないそうです。ある町では、地元の大工さんたちが集まって、手作りで屋台を何百万かで造ったそうです。

私は逆に、その屋台をちょっと見てみたい気がします。
どこの町なんだろう・・・・。
今度探してみようかな・・・。

屋台があるということは、それをしまっておく場所もあるということ。
各町に、御殿屋台の格納庫があります。

異邦人たる私は、それをいちいち見つけるたびに、「おお!」とか思います。

昔アニメにあった、ロボットの格納庫を発見したような気持ちになります。

祭り以外には何の役にもたたないけど、豪華できらびやかな御殿屋台が、暗い格納庫の中で、一年中じっと出番を待ってるんですね・・・。


Myラッパ

浜松祭りでは、「練り」でも「引き回し」でもラッパは欠かせません。

「練り」の時、みんなラッパを吹いたり太鼓を叩いたりして、集団で固まって小走りに移動します。
元気のいい独特の響きの進軍ラッパです。

このラッパをちゃんと吹けるように、浜松市民は小学生の頃から町単位で集まって祭りのために練習しています。

夜、浜松の町を散歩すると、いろんなところから、このラッパの節を練習する音が聞こえます。
すっごく祭りが近づいた感じがします。

祭りが近づくと日曜日なんてありません。
さすが浜松、幼い頃から、祭り精神をたたき込まれるのです・・・!

そして、さる楽器売り場に、こんなコーナーが・・・。

「これって、これって、祭りのためのラッパだよね??浜松の人って、自分のラッパをみんな持ってるの?!」

とびっっくりした私。

「いや、それぞれ町でラッパは持っていて、貸してくれるよ」と家人。

「貸してくれるのに、なんでラッパを売ってるのよ?」

「そりゃー、家でも練習するのにいるんだろ。」

い、家で練習??
ラッパを~~?
そこまですんのか~~~!

そして、値札を見て、またまた仰天。

「い、いちまんろくせんえん??!!な、何、この値段は??!!マジで?!?
高いじゃないの?!?」

すっごく綺麗なラッパです。金色のラッパ、銀色のラッパ、つやつや、ぴかぴか
しています。
赤い飾り紐と房もついてます。
ちょっとかっこいいです・・・・。

もちろん、もっと安いラッパもあるんでしょうね・・・。
見ていると確かに、私もMyラッパがあってもいいかもね・・・と、思えないでも
ありません・・・・。
こんなMyラッパを持ってたら、祭りに出たって、な~んかこう、誇らしいよね。

「楽器とオートバイの街浜松」とは、はるか遠くに住んでいた私なども
中学校で教わりましたが、楽器づくりがお祭りにも生かされてるのね~~、
などと思ったのでした・・・。

それにしても、やっぱ、た、高いわ・・・・。

浜松まつりのラッパについてもっと知りたい方はこちら

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ