【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

【浜松】まぼろしの餃子屋さんと一番感動した餃子屋さん

先日、帰国していらしたロンドン野郎さんと、そのお友達とご一緒する機会があり、餃子の話が出たのですが、そのお友達から新しい情報を教えていただけました。

浜松には「まぼろしの餃子屋」があるんだと。
「かんべゑ」さんというお店で、ほんとに短時間しか開いていないそうなのです。

家人もよく見かけて、昔行ったことがあるらしいのですが、

家人「最近は店をやってるのかやってないのかわからないんだよ。いつも閉まってるし。」

すると友人、「そう、殆ど閉めているでしょう?一日何個って、売る量が決まっていて、売り切れたらお店を閉めちゃうから、ちょっとの間しか開いていないのよ!しかもその餃子屋さん、持ち帰りのものはみんな扇風機で冷まして渡してくれるのよ。生はなしで、焼いたのだけ。」

私「ええ??なんでですか??」

友人「蒸気があると味が変わるんだって。」

私「おお~~徹底していますねさすがまぼろしの餃子屋さん」

というわけで、かんべゑさんに行ってみました。

・・・。・・・・・・。

行ってみたはいいけど、確かに、看板も出てないんですよ~~~~!

「営業中」の札もなし。

これって、場所を知らない人、ないしは土地勘のない人には決して見つけられないのでは・・・??

以前他の食べ物やさんだったのかな~と思われるような雰囲気の建物ですが、営業している兆候が全く見られません。

のれんも中に入れてしまっている様子。普通なら、これは営業していないシルシですよね・・・。

はっきり言って、なにか怪しげ~~な感じ・・・。・・・・。

「たしか、ここだと思うけど・・・。」と、以前行ったことのある家人も非常に不安そう・・・。

駐車場は広くて、結構車が並んでいます。

窓から中を窺うと、人が沢山いて、何か食べている様子!!

何度か入り口と駐車場でうろうろした挙げ句、意を決して中に入ってみると、おお!席は一杯です。

お店の外観とは正反対に、お店の人はとっても親切でしゃきしゃきしていて、
「今一杯で、申し訳ないんですけど・・・・」
と、待ち席を勧めてくれたので、そこに座っていると、来るわ来るわでどんどんお客さんが増えていきます。

でも、待ち席は3つしかないので、その後の人は駐車場待ちです。

私たちもそれほど早く行ったわけではなかったんですが、せめて待ち席に座れて、ほんとう~~によかった。

そして、餃子はホント美味しかったです。

焼き方がかりっとしていて、野菜が多いあっさり味の餃子です。

お酢だけでいただいても充分美味しかった~。

かんべゑさんの餃子を食べると、餃子ってホントに焼き方が大事なんだな~と思います!

写真では餃子しか見えませんが、餃子の下に浜松らしく、しっかり茹でモヤシも入っています。

私たち、この日は遅い朝食だったので、全くお腹がすいていなかったんですが、結局しっかりいただいてしまいました。

また行きたい幻の餃子屋さんでした。

餃子マシン

最近、浜松では「浜松餃子学会」というものができて、色々活動しているらしく、巷には餃子マップなるものも流布しています。

色んな餃子のお店が地図つきで紹介されているので、とっても便利。

テレビのニュースなどで見ていると、この学会の方たちが、餃子マシンを作って披露していました。

その彼らの嬉しげな顔がみょーに微笑ましくて・・・。

その時は、「変なものつくるな~。これって、そんなに意味あるのかしらん・・・」と思っていましたが、今考えると幾分浜松的な発想なのかもしれない・・・!とも思います。

とりあえず、合理化してみる。機械にしてみる。

ホンダやスズキを生んだ土地ですわ~~~!という感じ・・・!

彼らによると、「この餃子を作る機械が浜松餃子を広めることに貢献する」んだそうです。

その脈絡がイマイチわからないけれど、浜松なら、それもありうるのか?!

ところで、餃子は宇都宮が有名ですが、浜松は餃子の消費量が宇都宮に次いで二位だそうなんです!

知らなかった~~~!

そんなに浜松の人って、餃子を食べてたんですか。

たしかに、餃子の店は結構たくさんあって、色々食べに行ったりもしています。

それに、浜松に来てから、餃子を食べる機会も増えている・・・ような気もします。

美味しいお店も沢山あるしね。

持ち帰り専門のお店も、まだ制覇していないところが沢山あるので、これも楽しみ。

今まで行った餃子のお店で一番感動したお店

今まで行った餃子のお店で一番感動したのは、やっぱり老舗の「きよ」で、ここの餃子はちょっとカルチャーショックでした。

ちょっと夢に見るような味というか・・・。
機会があったらまた行きたい・・・。

でも、いつも待ってる人で一杯なんですよね、当然ながら・・・。

すご~く小さなお店で、戦後間もなくですかー?!みたいな雰囲気も味わえます。

だけど、餃子学会の発行したマップには、なぜか「きよ」が載っていないんですよね。

なんでかな~。
まあ、載ってなくても、有名店なので問題ないのでしょうけれど。

「福みつ」の餃子

写真は、先週行った「福みつ」さんの餃子です。

このお店も古いお店で、お客さんで一杯でした。

キャベツ多めの餃子で、殆ど揚げてあるかな?くらいの感じでボリュームがありつつ、あっっさりしていて、美味しかったです~~。

でもこれ、浜松式と呼ばれている形式のものじゃないんです。

浜松式の餃子は、フライパンに餃子を円形に並べて焼いて、そのまま皿の上にひっくり返して、真ん中に茹でもやしを盛ります。

このもやしが、餃子によく合うし、安くて簡単な付け合わせなので、すご~~~くいい思いつきだな~~と感心しています。

これは浜松の発明ですよね、多分。

実に素晴らしい。

自宅餃子でも必ずもやしはつけてます。

でも、家人によると、私は焼き方がイマイチだそうで、修行が必要だそうです。

「じゃあ、お手本見せてよ」と、家人に焼いてもらったこともありましたが、私のとどこが違うのよ程度の出来ではありませんか。

餃子を美味しく焼くにはまだ道のりがありそうです。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ