【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

イギリスの街並みを歩く / コッツウォルズ・バイブリー(Bibury)

イギリスの素敵な街並み コッツウォルズ・バイブリー(Bibury)

日本人には、イギリスで旅行といえば、「コッツウォルズか湖水地方」というくらいに認知度が高い、コッツウォルズ。
コッツウォルズは、標高300m以上にある丘陵地帯で、特別自然美観地域 として指定されています。

特に今日ご紹介するバイブリーは、世界一美しい街と称する方も多い街です。

私が住む町からは、車で一時間半くらいで行くことが可能なので、日本からお客さんが来ると必ずお連れするところでもあり、通年数回は訪れています。

年に数回訪れて、美しく息をのむ時期は、バラが咲き誇る6月(自己統計では、今のことろ中旬~遅くとも25日くらいまでがベスト)と、
雪が降る確率が高い1月か2月と確信しています。
ただ、雪の時期は、特に雪仕様の装備がないイギリスの車(タイヤ)で出かけるのはお勧めできないのがつらいところ。

バラの時期はとにかく最高です。

そこまで書いて、TOPの写真
バイブリーといえばこの写真、「アーリントン・ロー」。羊毛の産地として栄えた14世紀に建てられた‼‼家並み)
が、まさかの曇天写真ドーンな点、ご容赦ください(汗)

とにかく変わりやすいイギリスの空。標高が高いところにあることも手伝ってか曇ったり晴れたり曇ったりと、忙しい空模様です。
6月あたり、日本からツアーでお越しになる方も多いともいますが、薄手のウインドブレーカー的なものがあると重宝すると思います。

ちなみに、このアーリントン・ローと呼ばれるコテージは、
現在、イギリス文化財第1級建造物として登録されているとのこと。
こちらもまた、人が住んでいらっしゃるようなんです。

(どこに行ってもそうですが)日本人としては、
お邪魔しています的な気持ちで、ある程度の節度を持った行動をとりたいところです。

さて、こちらはバイブリーのメインストリートのあるお宅。
実際に人が住んでいると思われますが、あまりの美しさにシャッターを押さずにいられません。

バラや様々な花や緑は、
たくさんの人に愛でられて、また、人々の生活を素敵に演出して生きる、運命や宿命を持っていると思わずにはいられない美しさです。

また、コッツウォルズの街では、至る場所で、川や小川を見ることが出来ます。
こちらは、街を横切るように流れているコルン川です。川の縁取りもまた春~初夏の彩りです。

川をのぞいてみると、とても透き通っていて地面まで見えます。
ちなみにコッツウォルズではマスの養殖が盛んで名物料理としても挙げられています。
水がきれいだからこそ、なのでしょうかね。
そこは勇気を出さなくてもいい分野かと思い、鱒のお料理は、私自身はまだ未体験です(汗)。

6月あたりは、鴨やアヒルの出産時期のようで、この日も親子で泳いでいるアヒルに遭遇しました。

グレーの産毛のままですが、随分成長しているように思われます。
親鳥の余裕のたたずまいに比べ、二羽とも、バタバタ感があってその必死さが可愛いらしかったです。

バイブリーは、中世の街並みと自然がとてもマッチしていて、古き良き時代にタイムトリップした気持ちになる、
そのあたりが、世界一素晴らしいと称される一因かと思います。

コッツウォルズの中でも、観光バスが止まるような他の場所では、それなりに観光地仕様となっているところが多いですが、
このバイブリーでは、一件、お土産ショップがある程度です。

この川の上流(といっても100mほど先)に、THE SWAN HOTEL(ザ・スワン・ホテル)があります。
自家用車やレンタカーでお越しになる方は、そこの住所をナビにいれてお越しになるといいかもしれません。
(ちなみにホテルの住所は→ Nr Cirencester, Gloucestershire GL7 5NW です。
ナビにはポストコード、この場合は、 「GL7 5NW」 を入力すれば、この場所へ案内してくれます。
google map等でも同様です。)
→ スワンホテルに関してはこちらをご参照ください。
ホテルのレストランでは、鱒のお料理も堪能できるようです。

また、バイブリーに車で訪れる方は、駐車場はスワンホテルの前の道のカーブのところにありますが、
私たちはいつも、川沿いの縦列駐車ポイントに駐車しています。
(※違法かもしれないので自己責任にてお願いいたします。)

バイブリー自体はとても小さな街で、30~40分あれば街を散策できます。
緑の中を歩くもよし、歩きながら家々のガーデニングを楽しむもよし、で、とてもいい時間が過ごせます。
丘陵地帯という事もあって、街の中にも多少のアップダウンがあるので、歩きやすい履物でお出かけになることをお勧めします。

お手洗いに行きたくなった場合は、50Pだったか30Pだったか(失念)で有料のお手洗いが、
前出のバラの綺麗なお宅の並びにあります

コッツウォルズも場所によっては、有料駐車場に車を停める事になるかもしれません。その際にも小銭が必要になります。
お出かけの際には、必ず小銭をもってお出かけくださいね。

これからの時期、イギリスに遊びに行かれるかたには特におすすめしたい街、バイブリー。
ほかにもお勧めしたいコッツウォルズの街がありますが、
それはまた次の機会に。

Posted by まゆ


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。



 


同ジャンル関連ページ