【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

呼吸法で便秘予防|お腹の調子を良くする腹式呼吸を簡単に!

ストレッチをする女性

呼吸法で便秘の予防をする場合や
簡単にお腹の調子を良くする方法!

呼吸法で便秘の予防をする!

つらい便秘や下痢が突発的におきたり、いつも慢性的にお腹の調子が良くないという方は少なくありません。何かの行事やイベントの前になると緊張しておなかが痛いという方もいますよね。

「昔からお腹は弱いからしょうがない」とか「これは遺伝みたいなもの」と思ってあきらめてませんか?

もしかしたら、そんなつらい長年の悩みを解消することができるかもしれませんよ!

しかもその方法は、お金もかからず、どこかの病院に通うことでもなく、時間や場所も選べずにできる事柄だとしたら、ちょっと興味がわくのではありませんか?

それが今回特集を組んでいる「呼吸法」というわけです。「息を吸ってはくだけでそんな効果があるなんて!」と思われるのも不思議ではありません。実際私たちは生まれてからずっと呼吸を普通にしてきたからです。でも、それはただ肺の上部だけで行っているタイプだったりします。つまりこの息を吸って吐くという行為のポテンシャルを十分に使い切っていないのです。

ここでいう呼吸とはおなか全体を動かすような全身運動に近いスタイルのものです。そうした大きな呼吸を行うことで、全身を活性化したり、これまであまり使わなかった筋肉や血管までも血を巡らせ動かすのです。そうすることで、おなかや腸の働きもよくなることがあるのです。

具体的にどんな効果があるのかは、ぜひ下記の体験談から学んでみてください。スッキリ気分がよくなるだけでなく、長年の悩みもオサラバできるかもしれませんよ!

★ポイント★

簡単ですぐにはじめられる腹式呼吸法は内臓の働きをアップさせて、つらい便秘の解消だけでなく健康面で多くのメリットがあります。ある程度の期間続けていくことが効果を生み出す点で大事ですので、「気づいたら数分やってみる」ことを意識してください!

腹式深呼吸法でリラックス、お腹も快調

私はかなり以前から呼吸法を生活に取り入れて心身の健康を図っています。私の方法は鼻から息を3秒吸って、口から6秒かけて息を吐くというやりかたです。息を吸う時におなかを膨らませ、息をゆっくり吐きながらおなかをへこませます。

息を吸うことより吐くことの方が大事です。これを普段から心掛けることで交換神経と副交感神経のバランスを取ることができます。意識して腹式深呼吸法を続けることでリラックスが図れるばかりでなく便秘など内臓の調子も良くなります

メリットはそんな感じで色々と多いのに、お金はかからない、手間もかからない、時間もかからないというのがこの方法です。どこにいてもできて、費用がかからない呼吸法なのでオススメ致します。

逆腹式呼吸で身体を快調に

呼吸法をする女性通勤電車や、大事な面接などプレッシャーを感じる場面で、おなかが痛くなるという経験は、よくあります。これは、ストレスで大腸が過敏になるために起こります。こんなときに有効な呼吸法があります。それは「逆腹式呼吸」です。

逆腹式呼吸とは、息を吸うときにお腹をへこませ、息を吐くときにおなかを膨らませる呼吸法のことです。息を吐くときに、体の力を抜いていくのがポイントです。

逆腹式呼吸を続けていくうちに体がどんどんリラックスしていきます。逆腹式呼吸がストレス性の大腸過敏に有効な理由は、呼吸を意識に上げることで、ストレス状態をコントロールできるからです。ストレス状態をコントロールできれば、それに応じて体も快調に向かいます。

なぜなら心と体はいわば一つのもので同じものだからです。吸い方、はき方で体と心に影響がでてくるってすごいですよね。大切なのは続ける事なので、意識して気づいたらやるというのを繰り返して体に習慣を築くことが大事です。

一日三分の腹式呼吸で毎朝快便

以前、私は緊張すると便秘気味になっていました。しかし、ヨガの呼吸法で腹式呼吸を習い、毎日三分間だけ実践し続けました。すると約一か月くらい経つと、緊張しても便秘にならないようになりました。おかげで毎朝快便で気持ちがいいです。

緊張を緩和することは便秘だけでなく身体の他の部分にも良い影響があるらしいので、これを続けてリラックスを常にしてベストな体調でベストな自分を発揮できるようになりたいと思います。

ストレスの影響って体調や内臓の働きにも影響が大きいので皆さんも自分なりのリフレッシュ対策をすることをおすすめします。

呼吸法を見直すことによりお腹の調子改善

私は朝起きた際にまず腹式呼吸で胃腸の運動を行うように心がけています。起きてすぐに朝食を取ると腸が活性化し始めますので少しでも腸への負担を抑えるために腹式呼吸によりお腹の調子を整えた後に行動するようにしています。

朝食をしっかりととることも健康には欠かせないことのようなので、胃腸の負担にならないように、なおかつしっかりと栄養をとれるようにクックパッドとか参考にしてバランスある食事を目指しています。少し早く起きて準備をするだけで健康状態は大きく変わってくるので早寝早起きの生活スタイルを築きたいです。

ドローインでお腹快調

私はおなか回りの部分痩せがしたく、毎日ドローインを行っていました。おなかをへこませ5秒キープの繰り返しで、呼吸法はゆっくり吐いて、ゆっくり吸うといった感じで行います。有酸素運動と、部分的な筋肉トレーニングといったとこでしょうか。この一連の動きを毎日続けていたら胴回りが2週間ほどで5センチ程減少しました。

それと同時に便秘気味だったのが、今では毎日お通じも快調です。おそらく、腸の蠕動運動を活発にし、有酸素運動によるストレス軽減によるものではないかと感じました。

普段お腹の調子に悩んでいる便秘がちな方にもお勧めです。ダイエット効果やスタイルアップを目指す女子にもいいですよね。

深呼吸でおなかに嬉しい変化!

深呼吸は、わたしたちのおなかにとてもうれしい効果をもたらしてくれるものです。おなかを膨らませることを意識しながら鼻から大きく息を吸い、一瞬止めたら口から深く長く息を吐き出すという方法で深呼吸を行うと、腸の動きが活発になり、毎朝のお通じがとてもスムーズになります。

たったこれだけと思う方が大半だと思うのですが、意外と効果があるというのを私も感じました。他にも友達も同じように良い効果を感じていました。

1セット10回の呼吸法でお腹が凹んだ!

とある病院のセミナーで教わったやり方です。息を吐きながらめいっぱいおなかを凹ませて、ゆっくり吸いながらふくらませる。よく聞く呼吸法ですが、真剣にやると腹筋も鍛えられるし、腰痛予防にもなると聞いて始めました。朝晩2回、朝バタバタしている時はしない日もありましたが、トータルで1日20回やりました。

1か月を過ぎたころから、そういえばお通じが快適になってきたなと思い、2か月過ぎた頃から洋服のウエストが緩くなってきました。簡単でゆっくりでしたが効果があったので、これからも地道に続けて行こうと思います。

簡単にできることだけに効果が出るのも緩やかという感じですので、あきらめずにやり続けるという我慢も試されます。

ダイエットになると聞いて。

体全体を使うようなおなかからの呼吸で息を吐くときおなかをへこますと、ダイエットになると聞いたので数日間試してみました。私は下痢をよくするのですが、お腹の筋肉を使っているためか、お腹が冷えて下痢になるということがありませんでした。

夏場冷房が効いた電車に乗っても心配なしになりました。おなかを壊しやすい方とか、温度変化に敏感な方などにもぜひ試してみてほしいです。簡単で時間もお金もかからずに、いろんな効果が期待できそうです。

鼻呼吸を意識したら僕の体調良くなった話

みなさん鼻で呼吸してますか?呼吸は人間に必要不可欠な行動ですが、正しいスタイルの息の吸い方やはき方を意識する事によって体調が改善されるかもしれません。僕は外で遊んでは体調崩すを繰り返す子どもでした。

そのサイクルを崩したのが鼻呼吸法!鼻呼吸法とは鼻のみで呼吸するだけなのですが、小さい子どもの中には常に口呼吸の子もいます。僕もそうでした。ですが鼻呼吸を意識してから滅多な事では体調を崩さない子どもに変身できます!

子どもの遊び場である砂場や川、友人の家などには暮らす家とは違う雑菌が居ます。しかも口呼吸だと鼻毛などで防げる雑菌等も丸ごと吸収してしまうので、昔の僕はお腹をすぐ壊したり、喉が腫れやすかったりしたんですね。

もし体調を崩しやすい方が居たら、鼻での呼吸法について教えてあげましょう!子供のうちに意識しておけば体の強い子供に育ちますし将来の医療費削減にもつながりますよね。

深く呼吸

長年の便秘に悩まされていました。オリゴ糖を取るよう意識したり、ヨーグルトも毎日食べましたが改善されませんでした。すると、あるお医者さんが深く呼吸するよう教えてくれました。確かに、私はいつも口で行う浅い呼吸ばかりでした。

それを意識してからは、便秘とは無縁です。1日中、気が付いたら深く呼吸をする時間を取っています。ポイントは鼻からゆっくりたっぷり吸うことです。

腹式呼吸でお腹から健康に!

腹式でおなかを使って深く呼吸することは健康に繋がります。自律神経が整い、便秘も改善しお腹の調子を良くします。

またリラックス効果もあるので排便リズムも整い腹痛の予防にも効果があります。つまり便秘にも下痢にも効果的です。もちろん食事や睡眠など他の習慣と併せる事で効果がアップすると思うので、生活全体で考えてみるのが一番大事な事です。

ヨガで学んだ呼吸法で快便に!

ヨガを習い始めて1年になりますが、呼吸方法が徐々に変わってきました。大きくゆっくりと吸い込み鼻から吐き出すこと。また、吸ったときにお腹を膨らませ、はいたときにへこませること。そうすることでお腹の調子がよくなり、便秘になることが減ってきました。快便の効果もあるようです♪

丹田への意識

瞑想などの呼吸法を本や雑誌で読んだときに必ず出てくるのが丹田。丹田を意識して呼吸することで自律神経が整ったりストレスヘの耐性ができたりとよい効果があると言われています。前向きな気持ちになることでプラシーボかもしれませんが、わたしの場合はおなかの調子がよくなりました。

腹式呼吸を知って

一時期、劇団のサークルで活動していたのですが、そこで腹式呼吸をしっかりと教わりました。これを日常的にもやっていると、お腹の調子が次第に良くなっていくような気もしました。呼吸するごとに、お腹が広がる感じで、つっかえていたものが流れるかのような感覚になり、きつかったのが楽になりました。

呼吸法は便秘を救う

今まで経験した事のない腹痛になり、何かが詰まった気がして、それが便秘だと気付いた時は、対処法が分かりませんでした。その状況で、人間が出来る事と言ったら、呼吸を整えることです。深呼吸したり、リズムに合わせてみたりして、お腹の調子が良くなりました。

呼吸を気にすると調子が良くなった

30を過ぎて今まで感じなかった胃もたれ・胸やけを感じる様になってきました。以前カラオケ教室の先生という方に「あなたは胸式呼吸だから声が出にくい」と言われた事があり気にはなっていたのですが、腹式呼吸をすると内臓が活発に動いて胸やけしなくなると聞きました。現在実践中ですが最近は胃もたれする事もなく便通も活発に感じます。

呼吸法を整えて自律神経の乱れを改善!

最近休んでも休んでも疲れが取れず、胃が重くて食欲が出ない状況が続いていました。ネットで調べてみるとどうも自律神経の乱れが原因で、体の不調を招いてるようです。そこで最近噂の腹式呼吸法を導入してみたところ、たちどころに体調が回復しました!横になって呼吸を意識してみるだけの簡単な動作なので皆さんも是非一度試してみてください。

拳法家みたいな呼吸方法

お腹の調子が悪いくなりそうなとき、もしくはすでに悪くなり始めている時、そんな時におすすめの呼吸方法を紹介します。できるだけゆ~っくりと鼻から息を吸い、いっぱいになったところで10秒数えます。そして吸った時の更に倍の時間ぐらいのつもりで口から息を吐きます。吐くといううよりも漏れるって感じでゆ~っくりと。するとどうでしょう、脈も落ち着きお腹の調子が悪いのもなんだか落ち着いてきますよ!

腹式呼吸をしました

ちょうど週に何日かランニングをはじめたころでした。ランニング中、たくさんの息を吸ったり吐いたりして気持ちよかったので、走っていないときでも腹式呼吸をしました。そもそも腹式呼吸をするときには姿勢をよくしないとできないので、それで背筋が伸び、胃の調子もよくなりました。全身が一本の管になったような感じでした。

腹式呼吸でお通じ改善

走る女性常に体がだるくて眠いという症状が続いた時、解決法を調べると思い当たるものがありました。

パソコンに向かって姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、酸素を取り込めずに体が疲れやすくなるそうなのです。

これかも、と思い姿勢を改善しました。疲れを感じた時には腹式呼吸で深呼吸をし、それが日課になりました。

すると、便秘気味だったお通じが来るように。どうやら腹式呼吸でおなかを動かすことがよかったようです。

眠気も改善したし、嬉しい副作用でした。

ストレスも軽減!

日ごろからストレスのせいで胃腸の調子が悪く便秘と下痢を繰り返すなどで病院通いしてました。お医者さんからも「自律神経だから元をなんとかしないと治らないよ」と言われてました。そんな時に1日20分でも呼吸法を意識して変えると良いと教えてもらい、試しに意識して呼吸法を変えるようにしたところ、ストレスが幾分減ったおかげか体の緊張も取れ胃腸の調子も改善してきました!

おなかを使ってしっかりと

きっと皆さんもやっていると思うのですが、おなかをしっかりと使った形で息をはいて吸うようにしています。一日5分程度はこれを意識しています。そうしてしばらくして感じるのは全体的に血の巡りがよくなってきたなと感じることです。手足の冷えがましになったような気がしますし、おなかの動きも活発になってきたように感じます。しばらくは意識しないといけないですが、習慣になってしまえば毎日のルーティーンという感じでやらないことのほうが気持ち悪いですよ。お金も特別な器具も使わずにできる健康法だと思っているので、他の人にも試してほしいです。少し前にはやったロングブレスダイエットとかもあるので、痩せるという副産物も期待できるんでしょうね。

★まとめ★

リラックス効果や内臓の活性化だけでなく全身の血の巡りがよくなったなど、わずかな努力で驚きの結果がでています。キーポイントは毎日少しでもいいので続ける事で習慣とすることのようです。体の違いを感じられるようになるとやめられない健康習慣となりそうです。



コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ