【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

遠州の人達には文化コンプレックスが!?名古屋文化との違い!

文化コンプレックス

遠州の人たちには、一種の文化的コンプレックスがあるように感じられます。
とうとう政令指定都市にもなったことですし、一夜にして(は誇張としても)テクノポリスのようなものも作ってしまうバイタリティは満々ですが、こと文化という面に関しては、多少苦手意識があるように感じます。

私のように西国から来た人などの中には、
「あまりにも文化的なものがないので驚いた!」
という人もいます。

まあ、そこまで言うと酷かな~と思いますが、なんというか、藩主が贅を尽くして造った庭園とか、藩主が好んだ菓子屋とか、そういった話がほとんど聞かれません。

浜松は家康ゆかりの城下町ですが、浜松城はなんと「出世城」と呼ばれています。

どうしてかというと、江戸時代、家康ゆかりの都市だった浜松は、幕府にとって比較的前途有望な人が殿様として出張してきていたらしいのです。
どんどん出世して配置換えされていく人たちなので、浜松には長居せず、というか、城には住まず、しかも成績を上げなくてはならないので、結構年貢なんかもエグく取り立てたようなのですね・・・。
一揆や打ち壊しも多くあったそうなのです。

なので、浜松人は、上を頼りにしないそうです。
「自主独立」なわけなんです。

藩主が長居しないんですから、文化振興なんてないですもんね~。


遠州人のアイデンティティ

根っからの遠州人である家人に聞いてみると、遠州人は、やっぱり自分たちのところは東国だと思っているようなんです。

フォッサマグナより西だろうと、NTT西日本だろうと、遠州は東国に位置している、と思っているそうです。

家人いわく

「客観的にどうか、ということは関係ない。我々はそう思っている。・・・と思う、たぶん・・・。」

それから、名古屋とは厳しく一線を画しているそうです。
なんか対抗心でもあるんでしょうかね~。

昔、結婚式の相談をしていたころ、

「名古屋の結婚式って、派手だっていう評判だけど、浜松の方は大丈夫なの?あんまり派手だと困るけど・・・」

と言ったら

「おれらは名古屋とは全然違~う引き出物に10品目も包んだりしないし、砂糖を10キロも持たせたりしない」

と激しく主張していました。
さ、砂糖を10キロ?

家人が招待された名古屋の結婚式では、“それほど豪華ではない”式でも、引き出物は10点は最低入っていて、砂糖も10キロくらい持たされる。とても持って帰れないほどかさばるし重いので、どの客も式場から宅急便で送るそうです・・・。
な、名古屋・・・。さすが徹底しています・・・・。

今でも家人は、名古屋のことを持ち出すと、必ず「おれらは名古屋とは違うんだ!」と、なんとなく口調もキッパリ気味になります。
・・・。名古屋に恨みでもあるんでしょうか・・・・?

家人「しかし、静岡とも違う。全然違う。」

私「じゃあ、どこと似ているの?」

家人「どこかと一緒だとは思いたくないんだな。俺らはおれら。独自のものでありたいと遠州人は思っているはずだ。どこからも、自由でありたいんだ。自主独立だ。」

そうですか、なるほど~。

結婚式の仲人をしてくださった静岡在住の方がおっしゃるには、

「静岡県は三つに分かれる。遠州と駿河と伊豆だ。
この三人が江戸で路銀がすっかり無くなったとする。どうやって路銀を調達するかというと、駿河の人間は乞食をやる。伊豆の人間は詐欺をやる。遠州人は盗賊になる。・・・と、言われている。三つの地方の特性をよく表しているだろう~~。」

と、盗賊ですか・・。・・・。


浜松喫茶店事情

浜松には喫茶店が少ないという話を以前したことがあったような気がします。
たしかに、どこか喫茶店に入りたいと思うときに、なかなかないのが実情です。

よく家人と二人、

「まったりしたいね。」

とか言いながら、結局町の中をうろうろセカセカ歩き回って疲れてしまうという、一体何がしたいの的な休日を過ごしがちなのですが、そういう時、ちょっとお茶を飲みたいと思っても、なかなかよい喫茶店が見つからないのです。

コーヒーなんて、家で飲んでもいいのですが、やっぱり非日常の空間に行って、少しは美味しいものをいただかないと、いまいちリフレッシュしたという気持ちになれません。
有名店はいくつかあるのですが、ちょっと遠かったり、車を停められなかったり、コーヒーは美味しいけど狭くて落ち着けなかったりと、どこも微妙です・・・。

最近は、「コメダ珈琲店」という愛知県が地盤のフランチャイズ店が浜松にも進出してきていて、結構繁盛しているようなのですが、なんというか、コーヒーの味が好みではない点と、雰囲気がファミリーレストランっぽいのとで、いまひとつなじみの店にしたいとも思えず・・・。

でも、あそこの店は愛知だけあって、コーヒーを頼むと豆菓子がついてくるという愛知特有のサービスをしてくれます。
そして、広い駐車場も魅力のひとつ。
結構人が入っているらしいのは、そういう理由もあってかな~と思います。

しかし私たちは、喫茶店を求めて車で市内を走り回った挙げ句、「コメダ」には行きたくないばっかりに結局どこにも行けず、家でコーヒー・・・という事態もしょっちゅうです。

聞くところによると、豊橋には喫茶店が沢山あるとのこと
でも、あそこは浜名湖を隔てた愛知の文化圏。
家人によると、浜松は愛知とは文化的に一線を画しているのだそうです。

「浜松は愛知の影響はあんまりないんだ。
たとえそう見えても、そうじゃないんだ。むしろ東指向なんだ、浜松は。
断じて名古屋文化圏ではないんだ。
というか、独自の文化圏なんだ。」

ということなんだそうです。
生粋に近い浜松人の家人の、「名古屋とは一線を画する」発言は、大変興味深いところで、今後のテーマですね。

結局あんまりコーヒーを飲む習慣が浜松の人にはないのかもしれませんね~。
仕事柄、背広ネクタイの人が少ないので、喫茶の習慣がないのだ、という意見も聞いたことがありますが、どうなんでしょうか。

浜松の人は、やっぱりコーヒーよりは仕事の後に餃子なのかなあ~。


ふるさとをどれだけ愛しているか

かなり前ですが、「自分のふるさとをどれだけ愛しているか」という統計の報告を眼にしたことがありました。
不思議なことに、東京から離れている方が、故郷を愛する率が上がっていて、東京に近いところは、自分の故郷を嫌う傾向が強いのです。

たとえば、栃木県や埼玉県など、関東周辺の県は、自分の県が嫌いなのです。遠く離れた北海道とか沖縄、中国地方、東北地方などは愛県心が高いというわけです。

どこの生まれの人も、東京にはコンプレックスを抱いていると思いますが、私の住んでいた中国地方よりも、ここ浜松は東京コンプレックスが強いように感じます。

まず浜松の人は、浜松を「イナカ」と言います。
特にイナカとは言えない環境じゃないかと思うのです。まあこれは、文化的コンプレックスも影響しているとはおもうのですが・・・。

私、名古屋文化って、とっても面白いと思っているんですが、家人はまったく興味なし!!
・・・・・・・。不思議です。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ