【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

【栄養たっぷり】蜂の子を食べてみた!虫の幼虫を食べた体験談!

大昔にいちおうゲテモノに分類されると思われるイナゴを食べたことがありました・・・・。

すごいものを食べる人がいるもんだな~と思い、おびえつつも口に入れると、思ったよりずっと美味しかったことを思い出します。

そんな、比較的ライトなゲテモノを幼い頃にクリアした私も、「見てるだけ」のものがありました。

「蜂の子」です。

蜂の子は、蜂の子だけは、口に入れたくない!!
あのような見た目のものを、どうして口に入れることができようか・・・!!
しかし、幸いにもまだ私は食べていない・・・・!!
「イナゴを食べた人」にはなったけど、「蜂の子を食べた人」にはまだなってない!!・・・・と常々思っておりました・・・。

西国にいるころは、蜂の子を目にすることはあまりありませんでしたから、その存在は私の中から消去されていましたが、こちらに来てしまうと長野が近かったりするせいか、時々瓶詰めなどを見かけることがあるんです・・・・。

家人が好むので、見かけると(「うっ」とか思いながらも)購入しておいたりするのですが、人に差し上げてしまったりすることが多く、幸いにも今まで私がそれを口にする機会はありませんでした。

ところが・・・、ところがついに、その日が来てしまいました・・・・!!
飲み会の席でお客様が、卓上に出しておいた蜂の子の瓶詰めを見て「食べたい」といって開けてしまったからです!!

(ひ~~~~~っ!!そ、それ開けるんすか・・・???!マジで?!)

とか内心思いながら見ていると、家人を含めた男衆は嬉々として口に入れているではありませんか!!!

なんでそんなに普通に食べるのよ!!!
それが何だかあなた方は知ってるの?!?
蜂の幼虫なのよ、幼虫!!!
し、信じられませんわ、この人達・・・!!!!

「いや~、これ初めて食べますけど、美味しいですね~!!食べてみろ。」

と、お客様が奥様に勧めています。

いかに勧められても、さすがに奥様は召し上がらないよね・・・・。
だって、幼虫なんだもの・・・・。

とか思っていたら、女優にしたくらいの美人の奥様、楚々たる外見に似合わず、一瞬のひるみもなくぱくっと一口。

「あら、美味しいですね」

・・・・・。
もうちょっと・・・・普通、もうちょっとひるみませんか?
は、蜂の子ですよ、それ・・・・。・・・・。

・・・・・・。
この先の展開はというと、やっぱり私も幼虫を食べるっていうことになるんだよね・・・・。
幼虫なんか食べるなんて、一生の不覚じゃないの!!!

でも、西国出身の奥様が召し上がったのなら、私も食べないというわけにもいきません!
女がすたる・・・とでもいうんでしょうか。
もうこれは意地以外のなにものでもありません。

「食べてみ?うまいぞ~!」
私の内心の逡巡を全く関知しない無情な家人からアッサリお皿を受け取ってしまいました。

ああ・・・・!!
目をそらさなくちゃと思うのに、しっかりアップで見てしまった~~!!

瓶の中に入っている時から凶悪だったけど、お皿に出てくると、もっと・・・もっと・・・・。

ああああ・・・。
なんだか灰色のころころしたものがお皿の上にたくさん・・・。
これが、よ、幼虫・・・・?
なんだか黒くて足の生えているのもいるし・・・・。・・・・。

い、いやあ~~~~~~~~~っっっ!!!!
ここはお皿の上なんだから、あなたたちがいていいところじゃないのよッ!!
とか心の中で叫んでも、彼らが去ってくれるわけでもありません。

なんとか・・・・なんとか一匹をつまんで、口に運びました・・・・。
とうとう・・・「蜂の子を食べた人」になっちゃった瞬間でした・・・・。

・・・・・。・・・・。

今思い返すに、大変おぞましい一瞬ではありましたが、しかしこれが確かに美味しいんですよ~~~!!

「蜂の子」「蜂の子」と言われるだけのことはあるんですね~~!

お酒にばっちり合って、うま味があって、塩味も丁度良く、くにょくにょするんじゃないかとおびえていた触感も、それほど異様ではなく、なんだかちょっと乾いた感じ・・・。

一度美味しいと思ってしまうと、黒っぽい蜂の子のわさわさした足の舌触りも全く気にならなくなってしまって・・・・。

人間、ひとつハードルを越すと、わりかし何でも平気になって、どんどんシフトしちゃうものなのね・・・・「堕落」するのってほんとに簡単・・・・と思った体験でした。

ついに蜂の子を食べてしまったので、蜂の子の栄養をついでに調べてみました。

蜂の子は長野県やその他の一部地域で昔から食べられている料理です。(昔の人ってすごいですね。何でこれを食べようと思ったの…)

蜂の子には多くのたんぱく質やミネラル、ビタミン、全ての種類の必須アミノ酸が含まれていると言われており、栄養たっぷりのバランス食品と言えるのではないでしょうか。

蜂の子は佃煮や炒める、炊き込むなどの料理方法で食べる事が多いみたいです。

栄養たっぷりで見た目とは違い、意外とおいしいのでもしお店などで見かけたら食べてみて下さいね。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ