【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

宴のあと

帰ってまいりました、宴のあとの浜松へ

仕事場に出てみれば、異様なガラガラ声を出している人が数人・・・。
「どうしたの?!」
と聞いてみると、え、そんなわかりきったこと聞くの?みたいな雰囲気。

聞くだけムダでした。宴のあとですから。この人たちみ~んな、祭りで声が涸れてるだけなんです
「いや~、去年よりマシだよ~。今年はタダの監督だから。」

去年は子供たちの「監督」だったこの人、そういえば去年は声すら出てなかったような・・・。
しかしですよ!祭りは5日で終わっているハズ。今日はもう、8日だよ、8日

そして、珍しいいただきもの(私にとってのみ、ですが)を発見しました。
写真の新茶です。会社の人の、ご近所からのいただきものだそうです。
初子の祝いをするおうちでは、ご近所に結構迷惑もかけるので、(そりゃー、そうだよね・・・)こういうものを配ったりするお宅もあるそうです。
ご近所への配慮、練りの方々への配慮。・・・もー大変です!

浜松祭り包装になっていて、凧やら練りなどの写真で構成されたお茶缶に入っています。にぎにぎしいです。
飲んでみると、なかなか美味しい煎茶でした

そういえば、
浜松に来るまでは、煎茶などはごく時々、・・・たとえば、スペシャルなお菓子がある時とか、スペシャルなお客様がある時・・・しか飲みませんでしたが、こちらあたり静岡圏では、お茶といえばいつでも煎茶なのですね。番茶もそば茶も豆茶もない世界です。
イヤ売ってはいますが、殆どの人は飲んでいないのでは?!とまで感じます。

かつて家人に、
「静岡に来たら、煎茶ばっかりなんだね。今までは時々しか煎茶なんて飲まなかったよ」
と言ったら、
「じゃあ、何飲んでたの?」
と真顔で聞かれました。
内心「なにって・・・色々あるじゃん・・・」とか思いながら、
「番茶とか、そば茶とか、まめ茶とか、麦茶とか、ウーロン茶とか・・・」
というと、
「へえ~、なるほどそういうのがあるのか・・・。そんなこと、考えたことなかった」
ですって

やっぱ、やたらにお茶の採れるところって、違いますね・・・。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ