【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

【保存版】お金を貯める沢山の方法|簡単節約術で財産を増やす!

沢山のお金を貯める方法|節約術で財産を簡単に増やす!

お金を沢山貯めるための方法、簡単な節約術で財産を増やすための方法などを沢山用意させていただきました!今後もっと豊かな生活をお考えの方は是非こちらの記事を読んでみてくださいね。

【体験談】節約しながら健康にも良い方法!電気代や栄養を考える

「節約しながら健康にも良い方法って?」「電気代や栄養も考えたい!」という方もいらっしゃいますよね。ですのでここでは節約にもなって健康にも聞く方法を体験談で聞いてみましたので健康や節約に興味のある方は参考にしてみて下さいね。

節約も健康もゲットしたい人におすすめの方法!

節約、又は健康の面で効率の良い方法の「どちらか」を突き詰めて行けばその両方を得る事ができると考えることもできますよね。例えばとりあえずの「外食」を止め自炊を始めれば出費を浮かせ、食生活を変えるきっかけになります。

今度は逆に健康面で考え「特定のスポーツ」を始めると仮定します。無目的に走ったり、トレーニングを続けていく…というのはなかなか辛いものなので継続を考え目標を持てる運動をしていきます。

ある一定の成績を収めようとすると普段のトレーニングもさる事ながら、食生活の改善見直しを迫られる場面が必ず出てきます。本格的にとり組みギア一式揃えたい…等となると話が違ってきますが、基本楽しむ程度のスポーツはそうお金はかかりません。

栄養を考えるそういう側面で考えると「自炊を楽しむ」「スポーツを楽しむ」という趣味を持ってみると、その健康と節約の両方を得る事ができるのではないでしょうか。少しこの自炊を楽しむことについて考えてみると、食費を減らすには自炊をすることが一番の近道です。

このことには多分皆さん納得されると思います。そして自炊をすることは食生活を改善することができるので健康への一番の近道です。すなわち、自炊をすることは節約と健康の両方でメリットがあります。とは言っても、材料費がかかってしまっては元も子もありません。

そこで、安くて栄養満点の食材を選ぶ必要があります。まずは、健康には欠かせない野菜と果物です。特に安く購入できるものとしておすすめの健康食材ならキャベツ、もやし、バナナ、リンゴです。どれも食物繊維が豊富でビタミンも多く含まれています。

次に動物性のタンパク質を取り入れるための食材です。まずは、卵です。たんぱく質は人間にとって最も重用な栄養素です。しかし、摂り過ぎるのも体に良くないので1日1個を目安に食べるのが良いです。

そして次に肉です。肉の中でも特に経済的なのは鶏むね肉です。低カロリーでヘルシーなので、ダイエットにも良いです。このように、食費を抑えるためには安くて体にいい食材を選ぶことが大切です。食材に含まれる栄養素を抑え、安くても栄養満点な食材を選びましょう。

そうすることで、食費を抑えながら健康的な食事を摂り、日々を楽しく過ごすことが出来ます。こんな風に食材を選びつつも節約と健康を実現することができます。そして自分で付きつめていくと楽しさもさらにアップしますよね。

この野菜にはどんな栄養があるのかなぁとか同じ値段ならどっちが健康になるのかなぁなんて調べて見ると結構楽しいものです。節約と健康を実現するコツは打ち込んでみる!楽しんでみる!ということなのかもしれなですね。

ペットボトル湯たんぽで電気代減!

ペットボトルにお湯を入れて、タオルで巻いて布団の中にいれるだけです。貧乏臭いと思うかもしれませんが、この方法、雪国で吹雪などで車内に閉じ込められたり、停電して暖房が使えなくなった時などの防寒対策としても奨められるものなのです。

利点はまず何と言っても湯たんぽを買わなくても良いことです。また通常の湯たんぽよりも細長く、500mlならさらに小型なので布団の中で場所を取らないことです。細長いことで足の間に入れて寝ることもできます。

注意点としてはお湯を入れられる耐熱性のペットボトルを使うことです。ホットで売っている飲料水が入っていたペットボトルはまず確実に使えます。野菜ジュースもほとんどが耐熱性のものです。

逆にダメなものはジュースなどの清涼飲料水が入っていたペットボトルや折りたたんで小さくして捨てられることを売りにしているペットボトルです。通常の湯たんぽ同様、タオルなどを厚めに巻いて使いましょう。低温やけどになる恐れがあります。簡単ですがとても便利で冷え性の方にももってこいなので健康にも電気代節約にも良いと思います。

健康と節約ができて一石二鳥

電気代をなるべく安くしたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。そのための生活の知恵をご紹介します。まず、電気代を安くするといっても、本当にさまざまな方法がありますが、その中でも、エアコンの温度設定に気を付けることが大切です。

まず夏場は、冷房の温度を27度設定にしておきましょう。そしてさらに、冬場は暖房は20度設定にしておきましょう。エアコンを付けすぎると、ついつい電気代がかさんでしまうということがあると思いますが、温度設定に気を付けるだけで電気代がかなり安くなります。

冷房は27度じゃ暑いのでは?と思いがちですが、意外と体が慣れると気にならなくなりますし、快適に感じるようになります。暖房の方も、体が慣れると、その温度で快適に過ごせるようになります。あとは、着ているもので調節などをすると、電気代も節約できますし、健康的であるので一石二鳥であるといえるでしょう。

湯船につかることは大切♪

私は健康の為に最近筋トレをはじめました。あと、毎日湯船につかるようにしています。これは健康のためというか、1日の疲れを癒すためでしょうか。

やっぱりシャワーだけでは汚れは落ちるかもしれませんが、疲れはとれない気がします。湯船につかることで、多少汗もかきますし、疲れもとれるので、湯船につかることは大切だなあ。と感じています。

健康の為に、健康の食品やドリンクを購入して試すのもいいかと思いますが、お金をかけずに出来る運動や日々の生活の改善で健康になれるのが一番だなあと思います。



コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ