【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

体をリセットする食事法と猫背矯正ベルトや猫背に効く運動方法!

最近やっている食事を紹介します。説明よりも例を挙げた方がいいかなと思ったので私が実際に一定期間実践した食習慣を紹介します。それはお腹が鳴ったら食べるという方法です。

朝昼晩の三食を食べるという考えを一度捨ててもらい、お腹がすいて「ぐぅ・・・」と鳴ったらよく咀嚼をして少量をゆっくり食べるというものです。

ポイントは腹時計を意識することです。生活スタイルや仕事上の都合上、そんないいタイミングで食事をすることが困難かもしれませんが、日ごろ麻痺している食べ過ぎという状態から抜け出すにはいい方法だと思います。

ただし、食事をするときはよく咀嚼することが大前提です。そして、ゆっくり食べている間にお腹が満たされたらおしまいにします。

私はこの方法を毎日続けることはできませんが、一日この方法で食事するだけで、次の日の身体が違う気がします。自分の身体が必要とする量だけ必要な時間に食べるという方法が断食よりも簡単に身体をリセットできる方法としておすすめします。

もちろん、必要な量だけしか食べてないのでダイエットにもつながりますよ♪春を元気に迎えるためにはプチ断食だけじゃなく、体を健康に維持するための習慣も大切ですよね。

最近読んだ雑誌のなかに猫背の及ぼす影響について書いてあったんですよ。それを見て本当にビックリしました!猫背がすんごく体に悪い影響を与えるんだそうです。

具体的にいうと、新陳代謝の悪化、血流の減少、内臓の活動が衰える、精神的にも落ち込みやすくなる、肌や髪の毛のツヤが悪くなる、などなどとにかく色々のっていました。

もちろん他にもからだにわるい習慣ってあると思いますが、見た目も悪くなる猫背は早めに直しておきたいポイントですよね。近代日本では畳に座る正座の習慣が無くなり、椅子に座る事が増えてきました。椅子に座るとどうしても姿勢が悪くなるなってしまい猫背になってしまいますよね。

そこで猫背矯正ベルトや猫背に効く運動などを紹介します。市販に売られている矯正ベルトは、自分が意識していない時でも姿勢が良く保たれて、付けている時は効果抜群ですが、はずして1~2時間もすれば元に戻ってしまいます。

なので、ベルトをはずしたらまず自分が猫背に気が付いた時点で姿勢を直してみます。その習慣を心がける事で背筋を鍛える一つの運動になります。

それから、適度な筋トレ運動、腹筋、背筋、腕立て、それを1日10回~30回行ないます。キツイようであれば、胸を張る感じで大きく深呼吸をして、両肩に手をのせて肩を後ろに回します。

これはお風呂上りなど血行が良い時に行なうと効果あります。ベルトや運動などを取り入れる事で、姿勢がだんだん良くなり外見も変わっていきマラソンなどしている方は、肺活量も増えてタイムが上がるので、姿勢を良くする事は喜びもある健康管理の一つだと思いますよ。

健康アップのために猫背矯正、背筋矯正!そしてプチ断食でやっていきましょう♪

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ