【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

【重要】暑さを乗り切る方法!|夏野菜の栄養や効果で健康的に!

夏野菜の栄養や効果を学んで健康的な生活を!

栄養や効果がある夏野菜を!

最近夏を迎えると、どんどん最高気温を更新し、うだるような暑さが続きますよね。気候がだんだん変化して来て、これから先どうなるのかと不安を感じることがあります。これも環境破壊の影響なんでしょうか?

私たちの側も暑さに負けない身体を作っていかなければいけませんね。これからの季節に積極的にとりいれておきたいのが、夏野菜です。読んで字の如くですが、夏にとれる野菜ですので、栄養価が高く夏を乗り切るのに必要な栄養がつまっています。

それに加えて旬の野菜ですから値段も手ごろでどこででもてにいれやすいので、節約にもつながるうれしい野菜なわけです。旬のものってその時に人間にとって必要な栄養素が多く含まれているんですよね。

だから旬のものを食べるのはとっても良いことなんですね。自然は本当に良くできてますね。夏野菜は水分を多く細胞に含みます。

ですので摂取により体を冷やす効果が期待できます。加熱調理にはどちらかというと向いていないので、なるべくならば生のまま食すのが体温を下げ体の火照りを冷ますには最適かと思われます。

摂取にはサラダ等の副菜に利用し、体内に取り込むことが調理の時間も省けますし手軽かと思われます。

また食欲がおきない時は、体が食べ物を欲していないのですから、無理に食べる必要もないかもしれません。もちろん、肉体労働に運動を行うのであれば、栄養の補給は描くことができませんが私たちは食事の量が総じて多いといわれています。

一食を野菜のみ置き換えても身体には負担にはなりません。食欲がなくてご飯が食べれない時はジュースにして飲むこともできます。

トマトやニガウリなどをりんごやバナナなどの果物と共にミキサーにかけてジュースにすると、食欲がなくても必要な栄養素を摂取することができるのでおすすめです。

ただし、夏野菜は先に述べたように体を冷やします。過剰な摂取は内臓に冷えをもたらしかねませんのでほどほどに適量を摂取するようにしてください。そうすると夏を乗り切りやすくなります。

食事以外に摂取した水分量を記録しておくことも必要ですし、夏野菜ばかりではなくそれ以外の野菜も混ぜて食べると、偏った食事の結果として消化不良を引き起こす要因を回避できるかと思います。

具体的な夏野菜を紹介すると、ナス、トマト、きゅうりは定番でしょうか。なかでもトマトは圧倒的に豊富な種類が出回ります。

副菜に適するものから、炒め物、スープに入れるのものあれば、ソースに活用する、缶詰でも手に入ります。甘さを追求した品種も、小ぶりな一口サイズも一般のスーパーで購入が可能です。種類の違いや味の違いを楽しんでみるのもよいかもしれません。

トマトの栄養素として有名なのはリコピンですよね。皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。トマトを真っ赤にしているのは、このリコピンです。

でもリコピンがどの様に身体に良いのかご存知ですか?まずリコピンには高い抗酸化作用があります。そしてそれは血液をさらさらにしたり、動脈硬化を防いだり、ストレスに強くい身体を作ったり、アンチエイジングにも役立ちます。良い事ずくめですね。

そしてリコピンには日焼け予防効果もあるってご存知でしたか?紫外線のダメージから肌を守る作用が促進されるんだそうです。これは女性には嬉しい効果ですよね。

紫外線にダメージを受ける夏にはトマトを積極的に摂取したいですね。このリコピンと言う栄養素は脂溶性なので、油と共に調理するとより効率よくリコピンを摂取することができます。

生のトマトをオリーブ油で作ったドレッシングで食べたり、トマトソースにしたり、ミネストローネにしたりすると良いわけです。

ナスも用途に応じて長いものから太いもの、ずんぐりした形状まで多種にいたります。ナスも和食、洋食、中華、イタリアンなどどんな料理にでも合い、料理しやすい野菜ですから、毎日でも飽きずに食べることができますね。

きゅうりは比較的それらとくらべて標準の長さ、形が揃います。価格もそれほど高くはありません。きゅうりは栄養含有量が世界一低い野菜としてギネスに登録されているそうですが、最近はそれも見直されているようです。

きゅうりにもビタミンCやカリウムなど夏の暑さに負けない体に必要な栄養素が含まれています。またガンを予防する働きがあるそうです。

きゅうりなら家庭菜園でも簡単に育てられるので、自分の家で育てたきゅうりを思いっきり食べることもできますね。

自分で育てたものなら美味しさも格別です。時々で安いものを購入にし、食べ飽きない工夫をしたり、食材や調理方法を変えることによって、夏野菜を積極的に摂取し夏バテは乗り切れるに違いありません。夏には夏の野菜が一番ですのでぜひ今年の夏は夏野菜を積極的にとりいれてください。

ちなみに先日実家に電話をしたら、母が「テレビを見ていたら、キャベツのダイエットが紹介されていたので、やってみたら?」と勧められ、始めてみています。

手持ちの服を着られるように、ちょっと頑張らねばなりません。
一応、今のところ1キロ落ちていますが、もうちょっと歩かなくては効果はおぼつかないかもしれませんね。キャベツは健康的な野菜の部類ですしヘルシーなのでダイエットにも向きますよね。

それと、手軽にできて健康になるような食事って最高ですよね。そこで最近考えているのが、ズボラな自分でもできる健康食です。ずばりアレンジだけですむという健康レシピです。

健康な体作りに大切なことは、良い食材をバランス良く食べることであるのは間違いないですよね。でも栄養バランスを考えて献立を立てるのって結構たいへんだと思います。そこで私が実際毎日手間をかけずにバランスよく食べれる、だれでも作れるレシピをご紹介します。

そのレシピとは「サラダ」です。レシピとは呼ばないという意見はおいといてくださいね。サラダでしたら誰でも簡単に作れます。

そしてバランス良く栄養を取り入れるコツが、たんぱく質を絶対にサラダの上に乗せることです。サラダで野菜の持つビタミン類はある程度補えると思うのですが、たりないのはたんぱく質だからです。アレンジの幅が広いというのがメリットということですね。

私は鶏肉が大好きなので、鶏肉をオリーブオイルと塩コショウでシンプルに炒めたものを野菜の上に乗せて食べます。野菜は好きな野菜で何でもいいと思います。できればいろどりと種類を多くするのがポイントです。

そうすればビタミンやミネラルなどを色々ととりいれることができるからです。お肉だけでなくチーズをのせることでもたんぱく質を補給することもできますよね。

最近はまっているのがベビーケールとかクレソンとかです。そしてナッツを乗せても味や食感が変わるので飽きずに食べることが出来ます。

また、サラダのいいところはドレッシングで味を変えることが出来ることです。

もう一つおすすめしたいアレンジサラダに手軽に加えられる野菜ですがトマトがおすすめです。赤色の色素を持つ野菜や果物は健康にいいと言いますが、トマトもその1つです。

赤い色素はリコピンと呼ばれるものです。リコピンは抗酸化力を強く発揮する栄養素らしく、老けにくくする力があります。女性にはそれだけで充分メリットがあると思いますが、私が食べる理由は最近疲れやすくなったためです。

人間の体はストレスで酸化して錆びついてしまうため、疲れやすくなり、疲れた体を無理に動かすストレスで錆びるという悪循環を生み出してしまいます。

私はそれを防ぎたいため、リコピンの摂取を取り入れ、最近は毎日1つはトマトを食べるようにしています。サラダとして用いる時にはトランス脂肪酸の含まれるマヨネーズではなく、塩とオリーブオイルで食べたほうが吸収率も格段に上がります。

また、トマトは夏野菜で体を冷やす効果があって調理も大変楽なためおすすめです。いつものサラダにトマトをプラスして食べていつまでも若さを維持し、疲れにくい体つくりを目指しましょう。

毎日いろんな野菜をサラダにプラスしてアレンジしていけば、いろんな栄養素をとることができるので、ベースとなる簡単なサラダ+野菜を一つ加えるという感じで行えば割と楽に野菜をたくさん取ることができると思います。

また違う野菜の効果についても調べて掲載できればと思っていますので、ぜひまた見にきてくださいね!野菜を知ればアレンジの幅が広がるのですからしっかり勉強したいと思います。



コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ