【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

【幸せな生活】ありがとうと感謝することの大切さ|毎日笑顔で!

幸せな生活をするために心掛けていることを色々な方に聞いてみました。些細な事にありがとうと感謝することで、毎日笑顔で過ごせたりしますよね。

ですので、ちょっと最近心に余裕がないなと感じる方や生活がうまく行っていない方などは、ここにある体験談を参考にして幸せな生活を目指していってくださいね。

感謝の気持ち

私が幸せ、というよりは不幸にならないためにしていることは常に感謝の気持ちを忘れないことです。

これだけでは皆さんは

「何、綺麗事言ってんだ」

と思われるかもしれませんし、新卒の採用担当の方でさえ鼻で笑うかもしれません。

それでは常に何に感謝を忘れないかと言えば”すべてに”です。

たとえば私が仕事をしてお金をもらったとします。

その場合、会社は私の仕事によってその会社はなりたっていることでしょう(言い過ぎでしたね笑)。

しかし同時に私はお仕事を頂いている立場です。

この会社のこの事業がなければ私は不要です。

私は料理をします。料理をして誰かに食べさせれば私がその人の健康を支えていると言っても過言ではありません(過言かも)。

しかし、私は料理をつくっても食材をつくっているわけではありませんし、ましてや卸してもいません。

生産している方、仕入れて販売している小売店、そういった多くの方々に生かされているといっても過言ではありません(本当に)。

私は誰かに生かされています。残念ながらひとりでは生きてはいないのです。

いかがでしょうか。

そう考えると自分のしていることも誰かの生活や幸せに微力ながら貢献しているとは思えませんか。

常に感謝することは無意味なことではありません。

幸福に生きるうえで必要なことだと思っています。

ハートツリーを購入をしました

ハートツリーもしっかりと可愛く育ってるので、ささやかな幸せを毎日手に入れさせてもらっております。室内で癒し等を求めるということはとっても大切なので、花や観葉植物等は開運にもつながるのでおすすめします。

綺麗好きは心の美人

幸せの近道を作るには、色々な方法がありますが、一番大事なのは掃除ですね。

水の出る場所に邪気がありと言われているので、徹底的に掃除する必要があると思います。

まず、トイレ、風呂場、洗面所、台所!

掃除と美人が繋がるのは、「綺麗好きは心の美人」というつながりでしょう。

心も住む場所も綺麗にしていくと、周りで色々な変化が起こっていくと思います。

お稲荷様の力

以前の私は、さほど信教心もなく神様は信じていませんでした。

しかし、お稲荷様にお参りに行くようになりお守りを買ってからは運気がぐんぐん上がり籤運が上がるようになりました。

それまでは自他ともに認める運の無さだったのですが本当にウソのようです。

それ以来毎年お稲荷様にご挨拶に行くようになりましたし、当たればお礼に行くようになりました。

心と家の中の断捨離

私は幸運に恵まれるように、常日頃から心の中と自宅の中の断捨離を行っています。

何事にも、容量が溢れている所に新しい物事はやってこないと考えているためです。

ついつい捨てられない物は、自分の中に思い出・記憶として残すようにして、どんどんすっきりとした心になっていき、幸福を感じます。

「当たり前」なことにも「ありがとう」

小さなこと、些細なことに対しても、「ありがとう」と感謝の気持ちを持つようにしています。

人に何かしてもらった、何かをいただいたという時はもちろん、信号を渡る時にちょうど赤から青信号に変わった、PCがスイッチを入れてわりと早く起動したとかです。

当たり前だと言えば当たり前に見過ごしてしまうことですが、「ありがとう」と口に出して言わなくても、心に思うだけでも気持ちが嬉しくなって幸せになれます。

自己流ルーティーン

私が幸運を呼ぶためにしていることは、一度ラッキーな事が起こった時、その時にしていた動作をもう一度繰り返すことです。

ラッキーな出来事が起こる直前に自分がしていたことを思い出し、幸運が欲しいタイミング(クジを引く等)で同じような動作をします。

ありのままの自分を受け入れる

他人と自分を比較しないようにしています。

他人と比べてしまうと、自分が劣っているように感じてネガティブになってしまうことがあります。

ありのままの自分を認めて、無理や背伸びをせず生活するように心がけています。

幸せのちからは感謝です。

清潔さ感謝、笑うこと等がありますね。清潔な環境を心がけて、たくさんの人達に認められて、感謝をされて、美しい人生を過ごしていくようにしましょう。

感謝が感謝を生み、不平不満は不幸を呼びます。幸せになるために、周りの全てに感謝しましょう。

部屋を綺麗にキープ

幸運を呼び寄せるために部屋を綺麗に保つように心がけています。

部屋が散らかっていると気持ちも荒んでしまうことが多かったので、できるだけ片付けておくようにしています。

部屋が綺麗なら、気持ちもちょっと上向きに、幸運を感じられるような気がしています。

玄関に花を

幸せは玄関から入ってくると言います。

私は玄関に花を絶やさないようにしています。

といっても高価な花をわざわざ買うわけではありません。

散歩途中に摘んできたたんぽぽやカラスノエンドウ、ホトケノザといったありふれた野草が中心です。

野草には自然のパワーがあるので、良い気が家中に巡ります。

新月に願いを込めて

私が幸運を呼び寄せるためにしているのは、「新月」にお願いする作業です。

それは新月の願い事デクラレーションと言います。

願い事が出来る時間の範囲も決まっていますし、ボイドタイムと言って、願い事をしない方がいい時間帯もあります。

また、その月に寄ってどんな願い事が叶いやすいかも分かっているので、それに沿って願い事をして行きます。

一つ、注意すべき点は、願い事を新月の時間が始まる前に考えたりしない事。

その時間の中で考える事が大事なんだそうです。

何年か前からやってますが、願い事、叶ってます。

どんな状況でも

「幸せ」と一言で言っても、何に対して幸せを感じるかは人それぞれ。

私が実践していることは、「どんな状況にも感謝をする」ということです。

ちょっとくらい嫌なことがあっても、きっと自分を成長させてくれるために起こっているんだ!と感謝する。

それだけで、嫌な気持ちが前向きに変わったりするものです。

小さい喜びを感じ取ること

自分のポジティブな気持ちをよく感じ取ることです。

ご飯を食べておいしいと感じたり、テレビを見ておもしろかったり、お風呂に入ってさっぱりしたり、そういう生活の中にあふれている小さな喜びに気づくことで、幸せになれると思っています。

上司の対応にドキドキ…

ちょっと聞いてください。会社で電話対応をしている時に、

「営業担当者との打ち合わせをしたいので今いらっしゃいますか?」

とのことだったので、担当の上司に取り次いだ時のこと。

ただの営業電話だったらしく、上司はご機嫌斜めなんです。

すると、その上司は受話器をボールをパスするが如く、投げたのです。ここで問題なのが、受話器が会社の備品だということですね。

うまくキャッチしたからいいものの、会社の備品なんだから、もっと大切にしてほしいと思いつつ、これって新手の嫌がらせなのか?とドキドキしながら日々を送っています。

旦那の枕カバーが!

今日とても面白いことがありました。朝起きてみると隣で寝ている旦那の枕カバーが見覚えのないものになっていました。

明け方でまだ薄暗かったのもありはっきり見えず確認もしなかったのですが、洗濯をする際に分りました。

なんとうちの旦那、洗濯ネット(長方形の枕サイズのヤツ)を枕カバーにしていたようです。

思わず噴出してしまいました。どうやら外国人だったので洗濯ネットの存在をあまり知らなかったようです。

「あなた寝てて枕の感触悪くなかった?」って聞いても別に不満もない様子。

外国人の感覚ってちょっと分りませんね。

ザラザラが気になると思うのですが、もちろんその後新しい普通の枕カバーに変えてあげましたが朝から娘と2人で大爆笑してしまいました。

何も考えない時間を作る

人を幸せにするには、まず自分が幸せでなければならない。

日々ストレスと隣り合わせの会社員。

その日々のストレスから毎回、毎日リセットすることができれば幸せに生きることができる。

いやなことがあっても他の人に当たらない、いつもニコニコしていることで幸運を呼び寄せることができるのです。

よく、顔だけでも(表情)笑う門には… と言うように、幸福がやってきます。

心と体を一致させるために、ストレスを消す(リセット)することが大事。

そこで、なにも考えない座禅のような空間、状態を作るのです。私は、ジムで頭の中を真っ白にして走ります。

何かに集中していれば雑念は聞こえない。

テレビをぼーっと見るだけでもストレス解消になります。

自分の得意なことなどで余計なことを考えない時間を作ることが幸せの第一歩です。

お金に振り回されないこと

いろいろな名言があります。

今、PCでよく出てくるのは「幸せになるためのあかさたな・・・云々」です。

なるほどなぁと感心しながら読みますが、はたして実行できるのかどうか。あまり自信がありません。

すべて実行できれば、本当に幸せになりそうです。

その中で、一番気になった、気にいった言葉を抜粋して、心がけています。

それはタイトルにも書いた「お金にふりまわされないこと」です。

実際にできているかどうかは自信がないけれど、「あかさたな」全部はできなくても、これだけはできるように、気を付けてやってみたいと思います。

日々の疲れを温泉で

私が実践している幸せになるためにしていることは、温泉に入ることです。

北海道は温泉が多く色んな所へ足を運び温泉に日帰り入浴します。

体にたまった老廃物と共に悪い運気も流され良い気が体にめぐる感覚があります。

疲れた時などはゆっくり温泉に浸かることで幸せな気持ちになれます。

マイナスよりプラスです

私が幸せになるためにやっていることは、ありきたりかもしれませんが、

「プラスの言葉を使う!」です。

例えば、友達に恋人ができたとします。

もしその時自分に恋人がいない場合はやはり少しひがんでしまうものです。

でもそんな気持ちは言葉に出さず

「おめでとう!!」

第一声はこれです。

まずは祝福するのです。

ひがむのは自分の心の中で思う存分ひがめばいいのです。

相手へ発した言葉はいずれ自分にも返ってくるのです。

だから、発する言葉はプラスな言葉がいい。と私は思います。

とてもありきたりだとは感じます。

でも少し難しいことでもあると私は思います。

人って、幸せだなと思うことより不幸だと思うことを言葉に発してしまいがちだと私は思うのです。

不安な気持ちや辛い気持ち、別に吐き出したっていいんです!

ただ相手に使う言葉。

家族だったり友達だったり恋人だったり・・・。

そういった言葉はやはり「マイナス」よりも「プラス」が良いと思います。

良い言葉をあえて言わなくても、

「ありがとう」「おめでとう」

たったこれだけの言葉でも言われた人は笑顔になります。

相手が笑顔になると自分も笑顔になります。

大きな幸せじゃないかもしれません。

でもこれって結構大事で大切なことだと思うんです。

自分がおなじ立場になった時、きっと周りの人たちも幸せになれる言葉を使ってくれると思います。

そんな言葉を使うこと、私自身が、そして周りの人が幸せになるように私が心がけていることです。

私が行っている運気アップ方法

私が行っている運気アップの方法は、なるべく人に会うことです。

運気が下がっている時って気持ちが落ちているときだと思うので嫌な人、苦手な人とは会う必要はないとは思うのですが、そうじゃない人とは、なるべく会うようにしています。

人生は波乗りのような感じで、変に力んでいたりすると、上手く波に乗れなくて、せっかく良い運気の波がきても乗れなくて、良い波(運)が悪い波(運)になってしまうと思うのです。

なので、安心出来る人になるべく会って、気持ちを綺麗にして、軽くして運気アップできる流れに変えていこうと私はしています。

幸せとはなんでしょう?

お金持ち?友達が多い?好き勝手できる?

考え方は色々あるでしょうが、基本的に幸せだと思うことが幸せです。

そのまんまですが真実です。

自然の中で深呼吸

日々、辛いことや苦しいことが多いものです。

家族を持っていてもそれぞれに不満や愚痴があり、独身であればまた、不安や孤独もあります。

会社での仕事や人間関係にすり減って、泣き出したくなることも誰しもあります。

そんな時、人気のない公園や海、山などに行き、深呼吸をしています。

そして緑に囲まれた場所をそぞろ歩いたり、海で打ち寄せる波の音を聞いていると、心がすうっと軽くなっていきます。

もう一つは夜に眠るとき、「今日も一日何とか無事に過ごすことができました。ありがとうございました」と呟き、胸の前で手を合わせます。

何に対して感謝するかと聞かれれば、全てのもの、森羅万象に対して、そして生かされている事への感謝です。

自分が少しだけ謙虚な人間になれたような気がして、ほっとするのです。

プライベートの時間を大切に

私が幸せな生活をする為に心掛けていること、それは第一に仕事とプライベートの区切りをしっかりつけることです。

私はサラリーマンで管理事務職ですが、毎日決まったルーチンワークではなく、ある程度自分で自分のスケジュールを決めれます。

当然、残業になることもありますが、平日が全て仕事に潰れては、勿体ないので、必要の無い残業はしません。

定時に帰れば翌朝までは自分の時間となります。

また、休日出勤は不急不測の事態以外はせず、プライベートの時間を大事にしています。

第ニは、趣味を持つことです。せっかくプライベートの時間をつくっても無駄に過ごせば意味がありません。

私は、夏はサーフィン、冬はスノボ、年中ゴルフをします。これで幸せな生活を送っています。

気持ちを切り替える

幸せな生活をするために心掛けていることの1つ目は、嫌なことがあってもすぐに忘れて気持ちを切り替えることです。

例えば、人に騙されたり、仕事で失敗したときには気持ちが落ち込んだり、恨みがましくなったりしがちですが、そうやって後に引きずること自体が時間の無駄になるでしょう。

それがさらなる不幸を呼び寄せ、悪循環にはまっていく気がします。

また、ネガティブな感情は心だけでなく身体の健康にも良くない気がします。

2つ目は、人の悪口を言わないことです。面と向かってはもちろん、たとえ本人がそこに居なくても、誰かから伝わってしまうかもしれません。

こちらが大したことじゃないと思っていても、相手はすごく傷つくかもしれないし、長い間恨まれる可能性もあります。

悪口を言った方も後悔したり、復讐を恐れたりするようになったら幸せな生活を送れないでしょう。

第一に奥さんを大事にする!

私が幸せな生活をするために心がけている事は、第一にやはり奥さんを大事にする事です!

何よりも優先にするべきだと思います!ここさえクリアできていれば、もうほとんど幸せです(笑)

家事も育児も、私が手伝っている意識では無く、やって当然という意識でやっております。

たまに嫌そうな顔が出てしまっているようですが、それでもありがとうと言ってくれます。

まずは奥さん、家庭が幸せなる事で、仕事も上手くいっている気がしています。

それと、最近将来の為に積み立てを始めました。

お金が全てではないですが、やはり将来も幸せな生活を送る為には、必要な事だと思います!

子供たちが不自由なく育っていけるよう、私は日々頑張っております!

小さなことでもありがたいと思うこと

幸せな生活をするために2つのことを心掛けています。

1つ目は、とにかく少しでも節約をしていざという時のためのお金を貯めておくことです。

具体的には、スーパーマーケットで買い物をする時に安売りの日を選ぶようにしたり、安売りの日でなくても夕方などの値下げをする時間帯に行って買い物をしたり、洋服など中古でも構わない物はリサイクルショップで買うなど、工夫をしています。

2つ目は、小さなことでもありがたいと思うことです。

例えば、洗濯をしたいと思った時に晴れていたり、ふと空を見たらちょうど虹が出ていたり、駅のホームに着いたら電車が到着しているところだったりなどした時に、ありがたいなあと思うようにしています。

ポジティブに生きていくこと

幸せな生活をするにあたって私がまずは大事だなと思ったことは、近所付き合いが大事だなと思いました。

隣人の人はもちろん色々な人のコミュニケーションがうまく取れることによって、まずは快適な生活ができるようになると思います。

そのためには音楽の騒音等々迷惑をかけそうな行為はおさえて、隣人にも快適に過ごしてもらうことによって幸せな生活に近づけると思います。後はポジティブに生きていくことです。

何事もやっぱり前向きに生きていったほうがいいと思います。

人はマイナス思考に考えてしまうと笑顔も少なくなりますし、できるだけ前向きに捉えて考えて生けば笑顔も増えて幸せな生活にかなり近づくんじゃないかと私は思います。

幸運体質

幸福な人生を生きていくため、開運グッズを揃える前に、感謝の数を増やしていくことや掃除をしていくことを最優先に考えましょう。

開運グッズを揃えても、汚い部屋では意味がありません。

幸せは、周囲の整理や整頓や心の清楚さが鍵となります。

幸運を呼ぶためにたくさん感謝をしてたくさん笑える人生をすごして生きていけることを願ってます。

感謝していますか?

幸運の方法には色々ありますが、感謝が一番効果的ですね。

ありがとう。感謝します。幸せです。

ここまでしていただき申し訳ございません。

貴方は一日何回言ってますか?

たくさん言っている人ほど、見えないもの、森羅万象に愛され、幸せに生き続ける傾向があります。。

未来への努力を

幸運 英語 good fortune good luckといいます。

良い未来になるように努力しましょう。

努力=土台なのです。

土台がなければ、しっかりした人生は得られません。

幸運を呼ぶ言葉はありがとうです。他にもごめんなさい。感謝します。

たくさんありますが、一日何回でも使えるように努力しましょう。



コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ