美味しい食事や生活習慣|美肌を作る方法は口コミ体験談で!

美肌を作るなら生活習慣や美味しい食事も大切です!

美肌を作る方法は?

美肌を作るためにあなたは生活のどの分野に注目をされているでしょうか?

私が今一番注目をしているのが、生活習慣の見直しや美味しい食べ物をちゃんと定期的に取り入れることです♪

正直な所、以前までですとスーパーに行ったら格安の商品とか値引きしたものにしか目がいきませんでした。少しでも安く仕上げて節約することが一番家計や生活にとって良いことだと感じていたからです。

しかし、健康な体がないと結局医療費などで高くつくんですよね。それに美肌や若返り、いつまでも元気でいる事などを考えたら「それではいけない!」って決意して、今では多少高くても質の良いものを選択しています。

例えば、豆腐なら国産は当たり前ですが、なるべく自然素材で無添加のものをまず先に見ます。そして家庭内に、たくさん栄養がある食べ物も常において置き、喉が渇いたときには無添加のお茶などを飲んだり、黒ごま、黒ニンニクや納豆などを摂取します。

週末には近隣の魚市場に行き、活きの良い魚を選択したりもします。お肉ならスーパーで脂身の少ない国産のものを選択していますが、それもあって元気に美肌を保ちつつ生活ができていると思います。

私の場合はいつまでも活発に仕事をしていきたいので、やはり資本となる体に最高に良いものを選ぶ!これを実施しています。長期的に考えると、やはり健康を保ってこそ会社の向上ありと思っているので、必要経費としてそれらを購入しております。余談が長くなりましたが、今回当ページでは様々な方の体験談を用意させて頂きました。

美肌を保つために皆様がどのような考えで行動しているのかをチェックしていただけたらと思います。

☆ポイント☆

高い化粧品を使うことだけが良いスキンケアではありません。睡眠や食事、入浴方法などを含めたトータルでお肌はキレイに仕上がっていきます。コスメはあくまで美肌を彩る「薬味」であり「メイン」は日々の生活習慣だと覚えておきましょう。

睡眠が大事です!

私は、美肌を作るために、化粧水や乳液、パックなどの基本的なこともとても大事ですし、自分も毎日欠かさずしていますが、それよりも一番大事なことは、生活習慣だと思います。

まずは、食生活。脂っこいものを取りすぎたら肌も油っぽくなっていきます。胃も荒れて口の端が切れてしまうこともあるかもしれません。

体も太っていってしまいます。そして睡眠が大事です。睡眠時間が短いとお肌も休まらず荒れ放題です。たかが一日睡眠が短かったとしても、翌日鏡の前に立ってみたらびっくり!前日までにはできていなかったにきびができていることもあります。

これは私の実体験です。それからは食生活も見直して睡眠時間をしっかりと確保して、美肌を作れるように努力しています。単に時間の長さというだけでなく、睡眠の質や寝るタイミングなども大事だと思います。ゴールデンタイムと言われる夜の一番いい時は確実に寝ているように気を付けています。

やっぱり運動も大事

肌のためというと、化粧水などをまず最初に考える人が多いと思いますが、まずは体の内部からきれいになるための下地作りをしていかなければならないと思います。

そういう面では、睡眠や栄養もとても大事なのですが、もう一つ忘れてならないのは運動です。

運動する人つまりスポーツ選手とか少し思い浮かべてみてください。ハードな運動をして化粧もしていないのにキレイな人が多いと思いませんか?

やはり運動も美肌に不可欠だからですよね。ある雑誌にのっていたのですが、運動をしない人は筋肉が落ちていきます。そして筋肉が落ちると血行が悪くなるそうです。

そして血行が悪くなると新陳代謝が悪くなります。そうなると当然お肌のスミズミまで栄養が行き渡らなくなり、肌はくすんでカサカサになるというわけです。

逆にいえば運動すれば血行がよくなり新陳代謝が良くなるので、自然と美しい肌を維持する環境が整うというわけです!

でも運動なんて…と思う女子の皆さん、散歩でもいいそうですので、運動習慣をつけるようにしてください。とにかくハードな運動を一日するよりも少しでも習慣として行うことが効果につながるのです。

お金をそれほどかけずに、美肌とダイエットになりますし、血行もよくなるので冷え症ともおさらばですよ!いいことづくめだと思いませんか?きっと皆さんも運動のメリットはわかっていると思います。後はそのためにどれくらい真剣に取り組むかだけです。継続して時間を取るだけの意識が大切です。あきらめずに続けてみてください!

スキンケアのために!

お肌の乾燥を一番感じるのは、お風呂上がりです。なので、お風呂から上がるとすぐに化粧水をパシャパシャします。顔には普通お化粧の前にも使っているのと同じ化粧水を使いますが、その他の足や腕は、日本酒のメーカーが販売している、少し白く濁った化粧水を大量に使っています。

スピーディーに、かつ、惜しむことなく使うことを心がけています。夏場はそれで終わるのですがすが、乾燥が気になる冬場はその上からボディークリームを塗ります。時間があるときは、ボディークリームを塗るついでに温まって血流も良くなっている体をマッサージします。

血流をよくするようなマッサージをすると新陳代謝もよくなり全身の肌にいいですし、内臓とか他の部分にも良い影響があるので一日15分くらいは血行を良くするマッサージに時間をかけるようにしています。慣れてくるとやらないと寝れないくらいの自分の夜の習慣になりました。

かぼちゃとブロッコリーとほうれんそう

スキンケアの天敵といえば夏の強い日光ですよね。日焼けして健康的な肌といわれるのは20代までですよね。30歳を超えるとシミやしわの元になりますし、日焼けすると肌の水分が奪われるのかカサカサして、すごく老けた肌になってしまいます。

そこでちゃんと紫外線対策をすることが美肌のポイントだとわたしは感じています。最近読んだ雑誌によると日焼け止めはその年のうちに使い切るようにして、次の年に持ち越さないことが大切だそうです。

やはり空気に触れて酸化するので、つけることで肌荒れをおこすこともあるそうです。日焼け止めも効果的で必要ですけど、そんなリスクがあることを考えると、体内から紫外線対策できればベストだなと思ったので、美肌にききそうな食べ物を調べて実践しています。

美白とか肌にききそうなのは、ビタミンCとかビタミンE、ベータカロチンなどだそうです。どれも良く聞く栄養素ですから、うまく食事でとることができれば簡単に美白と美肌に役立ちそうですよね。

そこでわたしはブロッコリーとほうれんそう、かぼちゃを毎日の食事に組み込むようにしています。どれも栄養豊富な野菜として知られているので、単にお肌のためというよりも健康を考えた食事として取りれています。

この3つをとるだけで、先あげた3つのビタミンやカロチンをたくさんとることができますし、女子にはうれしい鉄分などの不足しがちな栄養素も補うことができるのでおすすめなんですよ!

どれも調理の幅が広いのでいろんな料理に合わせることができるのも優れている点だと思います。

納豆で美肌

意外に思うかもしれませんが、わたしは肌のために納豆を毎日食べています。もちろん納豆をお肌にぬりつけるわけではないですよ。

納豆を食べるわけですが、納豆といえば大豆ですよね。そして大豆と言えば女性の強い味方であるイソフラボンですよね。つまり女性らしい美しさを保つのに納豆は適しているわけです。

そして意外と知られていないのですが、納豆は成長ホルモンを促進させる働きもあるといわれているんですよ。ですからお肌の新陳代謝をよくして、あかちゃんのようなきれいなお肌になるにも欠かせない食材というわけです。

この納豆のパワーを最大限に活かすためには夜に食べるのがいいそうです。そうすると寝ている間に活躍してくれるというわけです。

そして納豆とあわせると良いのがマグロとかアボカドとあわせて食べると効果がさらにアップさせることができるそうです。

マグロとかアボカドをあわせたら納豆も立派なおかずになりますよね!主婦の方にとっては簡単で費用的にもそれほど高くないのでいいレシピだと思います。

やはり毎日続けるというのがポイントになるようですから、スーパーの特売の時に多めに買って毎日納豆生活をやってみてください。最近は発酵食品を多くとろうと思って、みそ納豆とかもよくやっています。

洗顔にひと手間かけて!

この季節どうしても気になるのが肌の乾燥ですよね。私の場合、頬とか、口元がかさついてしまい、仕事中も肌の乾燥が気になってしまいます。そこで、洗顔方法を今までと変えることで、しっとり肌が夕方まで続く美肌作りを目指してみました!

やっている内容は簡単で、お湯で洗顔料をすすぐかわりにスチームタオルを使うんです!ぬるま湯でばしゃばしゃする洗顔と違って、肌の余分な水分とか油分を落とさないので、その後のしっとり感がながーく続くんですよね。洗顔料も泡タイプのものからクリームタイプのものに変えました。

やっぱり肌の調子が良くなると、気分も上がって仕事にも張りが出てきますよね!

フルーツ三昧です!

美肌のためにフルーツをたくさん食べています。美肌といえば、ビタミン、酵素、生フルーツです。もらいものですが、りんごとみかんとキウイが大量にあり毎日一個づつ食べています。

ビタミンや酵素が補給されるほか、お通じがとても良くなり朝と夜に化粧水でお手入れをするのが楽しくてなりません。常に寝不足だった20代よりも30代の今の方がお肌が潤っているような気がします。

少し生のフルーツに飽きてきた気もしますが、加熱したり砂糖を加えたりすると太ったり、効果がなくなりそうなので我慢しています。飽きずに、でもあまりカロリーが増えないフルーツの食べ方を研究中です。

やっぱりジュースにするか野菜も加えたスムージーみたいな感じでしょうかね。上手に旬のものをとりいれて一番栄養価が高い状態で利用するのがベストだなと思っています。

透明感がある美肌をキープする方法

私が美肌をキープするために行っていることは、柑橘系の果物が好きなので、それをよく食事に採り入れています。時間が無い時は野菜ジュースで補うことがありますが、やっぱり豊富なビタミンCをとることを考えると果物の方がいいかなと思います。

野菜も旬の野菜を積極的にとるようにしていたり、たったこれだけでも、数週間続けるだけでも洗顔後の自分の肌のトーンが明るくなったのがわかります。洗顔で気を付けていることは古い角質を落とそうとゴシゴシしちゃいがちですが、それはかえって肌に負担になるようなので、洗顔はモコモコの泡を作って泡で洗顔するようにしています。

サプリをとったり、エステに行かなくてもこれだけでも十分美肌キープが出来るので是非試してみてくださいね。身体づくりは内部から手掛けるというのが一番大事な事だと思います。栄養学などを少し勉強するだけで違ってくると思いますよ。

トマトと鮭で美白

美白にかかせないのが紫外線対策ですよね。最近は冬とかの日差しが弱いと思われる季節でも気をつけないといけないといわれていますよね。

日傘とか手袋や日焼け止めで対策をしている女子も多いと思います。でもそれにも限界がありますよね。あまり日焼け止めを塗りすぎるのも怖いしお値段の問題もありますよね。

そこでおすすめの体の中から紫外線対策ができる食材をご紹介します。有効だといわれているのが、トマトなんです。トマトのなかに含まれているリコピンという成分はファイトケミカルといわれていて、抗酸化作用が高く活性酸素を消すなど美白を維持するのにかなり役立ちます。

もう一つおすすめするのは鮭です。焼き鮭とかお弁当の定番のお魚ですよね。その鮭にはアスタキサンチンというカロチノイドが含まれています。これは最強のカロテノイドといわれるほど強力な力をもっていて抗酸化作用があるそうです。

こうした食材を定期的にとっておけば、紫外線による悪影響を最小限にとどめる助けになるそうです。トマトなんかは一年中どこでも売っていますし、値段もまだ手頃ですので継続して取り入れることができますので、美白と美肌を保ちたい方にはぜひともおすすめです。

トマトも種類が多いので飽きが来ないように種類をかえたりメニューを増やすことで食欲も美容も満たすことができます。

発酵食品の意外な美肌パワー

最近発酵食品にハマっています。納豆や豆腐、漬物や味噌、色んな発酵食品があります。発酵食品は体に良いという事でも有名で日々体に取り入れて行きたいです。

そして発酵食品は美肌効果や美白効果もあるんだそうですね。例えば納豆のネバネバ成分に含まれているポリグルタミン酸というのはすごい保湿力があるらしく、女子にはお馴染の化粧品とかによく入っているヒアルロン酸の十倍くらいの効果があるそうですよ!

そんな美肌に欠かせない発酵食品を上手に食事に取り入れる方法やアイデアレシピを紹介したいと思います。私の中で最近ハマっているのは豆腐をいれたハンバーグやつくね、納豆を使った和食です。豆腐ハンバーグは普通のハンバーグを作る様に豆腐をいれるだけでとても簡単ですし、つくねも同じ作り方です。

他にも木綿豆腐をちょっと潰して卵と合えた炒り卵など、野菜炒めにも使ったりします。納豆は細かく切ってオクラやトロロ芋と合わせてネバネバ丼にしたり、ひきわり納豆と塩昆布を合えるだけのちょっとしたおかずです。面倒だと思う方でもすぐに出来るレシピだと思います。冷奴など、納豆ご飯だったり、そのまま食べても健康に良いと思います。

毎日作ったり食べる事で自分オリジナルのレシピが出来たり、体の中を綺麗にしてくれたりで一石二鳥になります。何よりも美肌と美白に効果があるので上手に毎日とりいれていきたいですよね。

お料理の腕も上がりますし、女子力アップ効果はかなり高いですよ!レパートリーが増えてくると自信にもなりますし、今度はホームパーティーとかしてみようかなと思っています。

クコノミでおいしく対策

美肌にいいって聞きかじってクコノミ買ってしまいました。買ったはいいけどどうやって食べるのこれ?友達に聞いてみたら分からないって言われたし、どうしようと思っていたら、巡り巡って料理好きの他の友達からどんどんアイデアがメールで届きました。

中華風のスープに入れる、サンゲタンに入れる、杏仁豆腐とか、牛乳プリンに使うとか色々です。サンゲタンはさすがに無理なので、コンビニスイーツでプリンか杏仁豆腐買って乗せて食べようかなと思いました。あとは紅茶に入れるという方法採用です。一生懸命考えてくれたのに料理下手な私は一番簡単な方法チョイスで申し訳なかったです。

美白にも効果!

私が美肌や美白を保つためにやっていることは、サプリメントでビタミンCをとりいれることです。もちろん天然素材でビタミンCを十分に取れるならそれに越したことはないですよ。

でも意外とビタミンCを毎日十分な量を取り入れるのって難しいんですよね。果物や野菜をとることで補給できると思うのですが、意外と果物は高いですし、野菜も加熱してしまうとビタミンCが取り入れることができないということもありますよね。

そこでおすすめするのがサプリメントです。でも気を付けてもらいたいのがどのサプリメントを選ぶかということです。今は安いものもたくさんあるのですが、そうしたものには添加物が入っていたり意外と含有量が少なかったりするので、良く選ぶことが必要です。

そんなビタミンCは美肌だけでなく美白にも効果があるようですね。肌を守る働きが強いので、意識して取り入れるといいと聞きました。

そしてビタミンCは多くとっても副作用のようなものがないので安心ですよね。多くとりすぎた分は排出されるそうです。ですから取り過ぎくらいに取り入れておくのも一つの美肌対策ということですよね。

女子にはまず必須の栄養素だと思うので手ごろで割と取り入れやすいビタミンCはおすすめです!

有酸素運動

美肌のために必要なルーティーンは何なのかと調べてみたら、運動のやり過ぎは逆効果だというデータがあるそうです。やりすぎると活性酸素が増えるので肌の老化がすすんでしまうそうですね。

そこでおすすめなのがスロージョギングとかウォーキングなどの軽めの有酸素運動です。有酸素運動がふダイエットなどの脂肪を燃やす点でいい事は有名ですよね。でもそれだけではないんですよ!

有酸素運動は心肺機能を高めるので、血液の循環がよくなります。血液の循環がよくなると老廃物は速く体外に排出されることになりますよね。つまりお肌は常にピチピチの新鮮な状態になりやすいということになります。

ジョギングとかマラソンといわれるとハードルが高いですが、スロージョギングやウォーキングくらいなら手軽に始められますよね。それでいて美肌にもいいし健康にもいいしダイエットにもなるという効果絶大な美肌方法なんです。

そしてスタイルがよくなり筋肉もほどよくつくので見た目の印象がさらによくなるというのもうれしいとこですよね。美肌だけでないメリットがある軽い有酸素運動をおすすめします。

ハトムギ化粧水とニベアクリームに出会って

今までリキッドタイプのファンデーションの伸びが悪くて四苦八苦していたのですが、ハトムギ化粧水とニベアクリームに出会って見違えるほど改善しました。洗顔後に化粧水をたっぷり肌に馴染ませ、クリームを薄く伸ばしベビーパウダーを軽くはたいてべたつかなくする。

これだけの方法なのですが肌質もだいぶよくなりファンデーションのノリが本当によくなりました。化粧時間も短縮できたのでこれからも使っていきたいと思っています。まずはやっぱり肌質とか肌そのものが整わないとどんな化粧品も効果が半減するんだなとわかりました。睡眠や食事にも注意をしないといけないですね。

抗酸化作用を高める

日本人は知らずと毎日必ず発酵食品を口にしていると思います。醤油・みそ・みりん・納豆・キムチ・ヨーグルトなど、日本食にはかかせない調味料から食べ親しんでいる食べ物まで自然と発酵食品を体に取り入れることが出来ているのです。

世界の平均寿命を見ても日本人は常にトップで、これは日本人の食生活に関係しているとも言われています。発酵食品の良いところは、発酵させることで栄養素を高めてくれるところです。また血液をサラサラにしてくれる効果や腸の働きを活発にしてくれる働きもある為、肌が乾燥していたり体内の老廃物が溜まってニキビが顔に出来てしまうことも、快便を促すデットクスの働きで悩みを解決してくれる効果を発揮してくれます。

それ以外にも抗酸化作用を高めてくれるので老化防止や色素沈着を防ぐ役割なども果たしてくれるんだそうです。つまり美肌にも効果があるわけなんです。その他、焼肉でキムチが出てくることがあると思いますが、それはただお肉と食べると美味しいという理由ではなく、お肉とキムチを一緒に食べるとお肉の消化を助けてくれるという意味もあるのです。まさに万能食品と言えます。

おいしく、美肌や美白などの女性の綺麗に、健康に過ごす為に発酵食品はなくてはならないものだと思います。

MECでお肌の調子もアップです

最近、話題のダイエット方法の一つとして有名になってきたMEC食ですけど、続けると美肌にもすごく効果がありますので女子にはおすすめです。

MEC食というのは、お肉、チーズ、卵を中心にした食事にして糖質制限を行うというものです。もう一つのルールは良く噛んで食べるということで30回は噛んで食べるというのがルールです。

他のダイエットに比べるとお肉とか卵をたくさん食べられるので、糖質制限をしていても精神的にそれほど負担にならないのが特徴かなと思います。

そしてこのMEC食にすると美肌にもつながるんです。なぜかというと、お肉やチーズ、卵に多く含まれている栄養素といえばタンパク質ですよね。つまりMEC食は高タンパク低糖質な食事なわけです。

そしてお肌の主成分はタンパク質ですから、他のダイエットとは異なりダイエットによって肌がカサカサになることはなく、私の場合はむしろお肌のすみずみまで栄養分が行き渡ってすごくハリのあるお肌になるんです。

実際わたしもはじめて3週間ほどですが、明らかに化粧ののりが違う感じで効果を実感しています。わたしより長く続けている方に聞くと、髪の毛なんかもツヤのある髪質に変わってくるそうですので、お肌と髪の悩みを持つ方は、ダイエットも兼ねてMEC食をスタートさせるのはいいと思いますよ。

でも気を付けてほしいのは糖質制限だけだと栄養不足になるので、しっかりとたんぱく質をとるということです。野菜だけの生活なんてすると肌はガサガサになります。糖質制限も行き過ぎると良くないと考える方もいるので自分の体調を考えつつ徐々に行うのがいいと思います。

ビタミンCと新陳代謝

スキンケアをつくるために意識しているのは、効率よく栄養をとりいれることです。やっぱりお肌ももととなっているのは細胞ですよね。そして新陳代謝がうまくいってこそ赤ちゃんのようなプルンとしてお肌になるわけです。

ですから栄養を効率よく取り入れつつ新陳代謝をよくすることを意識しています。

栄養という面でいえば、ビタミンCとタンパク質です。ビタミンCがお肌にいいことはいうまでもない常識的なことですよね。そしてタンパク質は細胞のもととなるものですからこれを欠かしてはいけないと思っています。

よく女子のなかにはダイエットのためと思ってお肉を食べないで野菜だけ食べるという人がいますが、お肌のバランスを整えるという観点からするとよくないのかなと思っています。

それで、MEC食とまではいかないまでも毎日お肉やチーズをかなり取り入れるようにしています。

ビタミンCを取るためにキャベツや白菜などの単色系野菜を食事に取りいれています。朝食は生のフルーツを中心にすることでビタミン補給をしています。

新陳代謝という面では、リンパマッサージを自分で行うようにしています。あとは足つぼマッサージですね。これは自分でやればお金もかからないですし、リラックスやストレス解消にも役立つのでメリットが多い方法でおすすめですよ!

こんな方法であればそれほどお金をかけずに美肌をキープする助けになると思います。普通の主婦やOLにとってはエステに通い続けることや高い化粧品を買うのは無理ですから、お金がかからず長く続けられる方法を編み出すようにしています。

お金はかけないけど、女は捨てない!これが今のわたしのモットーです。

節約もできるし一石二鳥

美肌を作る、そして美肌を維持するって意外とお金がかかるもんですよね。基礎化粧品、スキンケアのためのグッズ、日焼け対策とか考えるとかなりの金額になります。

そこでちょっとでも削れるとこは削りつつ、美肌効果だけは削らないという感じで考えたのが、お米のとぎ汁を使った美肌対策です。これなら費用は安くて済むし節約兼ねた方法ですよ。

どうするかというと、お米をまずシャッとといだ最初の汁は捨てます。最初はあんまりキレイじゃないからね。そして2回目3回目くらいのとぎ汁を使います。これで顔を洗って洗顔料の代わりにすることもできますし、お風呂にいれて入浴剤代わりにすることもできます。

入浴剤として使うならアロマオイルを少し入れることで香りもプラスしてリラックスにもいいですよ。

肝心の効果ですけど、お肌がシットリスベスベになりますので、無料の美肌対策を試してみてください!!

家にあるもので主婦でもできる

エステやサロンに通うお金なんて我が家にはありません。特別な美容器具を買う事も夫は絶対に許してはくれないでしょう。でもやっぱりキレイなお肌や年齢を超えてキレイでありたい!と思うのは女子として当然ですよね!

そこで家にあるもので美肌効果があるようなことを色々と試しています。そのなかでわたしなりに効果があるんじゃないかなと思ったことをご紹介します。

一つはラップとテッシュを使ったパックです。

これはとっても簡単ですが効果がかなりあると思う一番おすすめの方法です。その方法とはテッシュにまず化粧水をたっぷりとしみこませます。

そのテッシュを顔にのせます。呼吸のために鼻の部分をあけるようにします。そして後はその上からラップをまいて5分から10分くらいおくだけです。

これは安いパックなんかよりもよっぽど効果があるように感じます。それでいて安いパックよりもさらに格安だったりします。

化粧水を使うだけでなく卵白とか蜂蜜などをパックの材料として使う事もできます。でもはちみつとかはアレルギーのある人もいるので、まずは目立たない所で試してから使う事が大切ですよ。

他にはスプーンを使ったリンパマッサージなんかもいいのかなと思います。どれもお金はほとんどかからないですし、家にあるようなもので済むので主婦の方におすすめです。

主婦になったから美容に気を遣わなくなったなんていわれるのはイヤじゃないですか。かといってお金はかけられないなら自分で考えるしかないですから、身近にあるものを使って美肌対策をしてみてください。

自分で工夫してやってみると、得したという気持ちになりますし、美容にも役立つのでとてもいいことだと思います。意外とおばあちゃんとかに聞いてみるとおもしろい情報が手に入りますよ!

☆まとめ☆

ビタミンCやたんぱく質など必須の栄養を意識することや、発酵食品などの伝統的な食品も再注目されているようです。これに有酸素運動などを定期的に行えば健康が増進することは間違いなしですね!


同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。