【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

インターナショナルスネークセンター!

豊川稲荷は、浜松と名古屋の間くらいの比較的近くにあります。
この正月にお参りに行ってきたのですが、実に実に面白いところでした

そのレポートは後に譲るとして、
豊川稲荷のすぐ近くには、他の車が多すぎて停められませんから、私たちはちょっと遠くの駐車場に停めました。
かきいれ時になると、豊川稲荷周辺の民家の空いてる土地は、こぞって駐車場に変貌するらしいのです。
ふつーのおばちゃんが道路に旗振って、駐車場をアピールしていて、手際の悪さに親近感が持てます。
そういった駐車場に停めると、お稲荷さんからは遠いですが、待たずに停められるのです。

ただ一つ、注意しないといけないことは、お稲荷さんまでちょっと遠いので、帰りに道に迷う可能性があることです。
案の定私たちも、あまりに面白くて豊川稲荷の周辺をうろうろした挙げ句、帰り道がわからなくなってしまいました・・・

さて、お稲荷さんの裏口からアプローチする途中で、かなり古い、住んでいる方がいらっしゃるのか微妙に怪しい民家の壁に、このポスターというか、看板を、発見しました。

「世界一!ヘビセンター」

インターナショナルなスネークセンターってどんなんや

悲しいかな、電話番号はかなり前のもののようです。
最初の番号がヒトケタです

ものすご~~く行ってみたい気持ちになるじゃありませんか
この「インターナショナルスネークセンター」のある足助町って、かなりな山奥なんですね。(“あすけちょう”って読みます)
昔は交通の要衝で栄えた町であるようで、今はそうした文化遺産を利用したシブい街づくりに励んでいるところのようです。
そして、「香嵐渓」は、このあたりでは有名な紅葉の名勝だそうです。(“こうらんけい”です)

この東海あたりは、西国と違って、ものすご~~く日本海が遠いです。
西国にいた時は、瀬戸内海と日本海なんてすぐの距離でしたが、ここらあたりで日本海に行こうと思ったら、ほんと~に大変です!
足助町は、そうした日本海への旅路の途中で栄えた町だそうです。

ヘビセンター・・・。いつか行ってみたい・・・。
まだあれば、だけど・・・。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ