【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

東西のお好み焼き

さて、家でお好み焼きを食べたので、ふと思い出してお好み焼きのことを書きます。

実は遠州のお好み焼きについては、機会を待って書きたいなと思っていましたが、このごろは外にお好み焼きを食べに行く機会がありません。

仕方がないので、ちょっとソースのことから・・・。

画像は浜松あたりで売られている「トリイ」のソースです。
しゃばしゃばしたソースなのですが、スパイシーでかなり美味しいと私は思っています。
うちでは大手の「カ*メ」をやめて、もっぱらこれです。
でも本音を言うと、ちょっと高いと思います!

トリイの会社は市内の中心部近くにありますので、浜松のものだと思うのですが、私、他のところでも「トリイソース」のことを見たり聞いたりしたことがあるような気もするのですけれど・・・気のせいかなあ・・・。

最近、遠州のお好み焼きが名物として取り沙汰されるようになりました。
浜松餃子と同じような感じですね。

たしかに、以前一度食べた遠州のお好み焼きはちょっと変わっています。
ぺらぺらに薄くて、しゃばしゃばのソースがかかっていて、なんとタクアンが中に入っているのです!!
なんだかちょっと、クレープっぽい感じというか・・・。・・・。
いや、ちょっと違うか・・・。・・・。

遠州では、駄菓子屋なるものがあちこちにあって、お菓子も売っているけれど、やきそばとか、お好み焼きなども売っていて、子供達はおやつにそれを食べるのですね。
大人のたまり場になっていることもあるのだとか・・・。

そこで食べさせるお好み焼きが、この軽い遠州風のものなのです。

トリイから最近、お好み焼き用のソースが出たので、使ってみましたが、駄菓子屋をよく知る義弟が、

「あ、これは駄菓子屋の味だ!!」

と絶賛していました。実際、これを使っているのでしょうね~。

ちなみに、我が家のお好み焼きは、東西まぜこぜのものに徐々に進化しました。

焼き方は広島風で、キャベツやもやしを薄い生地ではさんで蒸し焼きに。
勿論、広島っぽくやきそばを入れますが、やきそばは私が個人的に気に入っている富士宮やきそばの麺を使います。
麺が固いので、面白い食感になります。

広島風か関西風の揚げ玉もしっかり入れ、遠州風の鰹粉をかけ、最後はトリイのしゃばしゃばソースをかけていただきます。

ちょっと変なものだと思うのですが、なかなか好評です。

昔はキャベツなどを生地に入れて焼く関西風のお好み焼きが好きだったのですが、あれを家でやろうとすると、生地がべちょべちょになったり、固くなったり、思ったように美味しくできないのですよね~。
広島風より焼くのが難しいと思うこのごろです。

今度は遠州風に、タクアンを細かく切って入れてみようと思っています。
タクアンが入っていると、ちょっと甘みが出て、なかなか美味しいのですよ!!

でも、お好み焼きの材料を買うときに、いつもタクアンを忘れてしまうので、なかなか果たせません・・・!

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ