岡山銘菓大手まんじゅう

岡山時代にお世話になった方から、岡山銘菓「大手まんじゅう」を送っていただきました!

これって、岡山にいたころは大好きだったんですが、他の処ではあんまり見かけたことのないまんじゅうなんですよね。

甘酒から作られた薄皮が、申し訳程度に餡を囲んでいる、殆ど餡一辺倒のまんじゅうなんです。

この皮が香りがとっても良くて、固さも絶妙!

餡との取り合わせも素晴らしくて、甘党にはたまらないと思います!

この皮がね、他では食べたことがないんですよ~。

岡山藩主池田侯御用達だったそうで、岡山って、今思うと、なんというか衣食が派手というか、贅沢に慣れている雰囲気があったですね…。

日本の名園「後楽園」なんかも、やたらと贅沢だし、お寿司なども、寿司飯の上にやたら豪華に海産物を載せた「祭りずし」とか、このおまんじゅうも、見た目は地味だけど、なんかこう、

「これしかできません」じゃなくて、「どんなにも贅沢にできるけど、これ厳選しました~、どう?」的な雰囲気が漂ってくる不思議なお菓子なんですよ…。

これ、出来たては皮がほんとに柔らかくて、異様に美味しいんです!

デパートに勤めていたとき、よく買って食していたのですが、岡山のお土産で上等なものというと、この大手まんじゅうでした。

購入したら、できるだけ早く召し上がることをお勧めします。

刻一刻と皮が固くなっていって、半日でも味が違います。

そりゃまあ、銘菓ですから数日経っても美味しいことは美味しいんですが、やはり違うんですよね~。

懐かしい~~~!

岡山を離れると、もう滅多に食べられない味なんですよね~。

勿体ないので冷凍しておこうと思っていましたが、お裾分けなどしていたら、もうなくなりかけています。

Mさん、ありがとうございました~~!

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子

同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。