喜劇駅前温泉

森繁久弥氏が亡くなりました。

私たちの世代ともなると、演劇界の重鎮らしい…というくらいの認識で、あまり馴染みのない方…と思っていたのですが、少し前、駅前シリーズの「駅前温泉」を見て、目から鱗がぼろぼろ落ちました。

森繁久弥先生、大俳優なんだ!!ということをちょこっとだけ理解したというか…。

喜劇駅前シリーズは、社長シリーズよりはマイナーですが、そのシリーズの中に、浜松駅を舞台にした「駅前弁当」というのがあって、それを家人と見たのが最初です。

昔の浜松界隈が映っていて、こんなだったんだ~と見ました。

ヒロインの未亡人のやっているお弁当やさんは、今も浜松にあるお弁当やさんの「自笑亭」がモデルというのは有名な話だそうです。

興味のある方は、ご覧になると懐かしいのではないでしょうか。

浜名湖のまわりを、バイク(の前身)でぶんぶん走るところとか、物凄く浜松らしいです。

しかし、物語そのものは、とりたてて普通…という感じでした。

でも、先日また家人が借りてきた「駅前温泉」を「またか~」と思いながら一緒に見たのですが、これが実に面白かった!!

さびれかけた温泉街の、主にどたばたなのですが、俳優陣が本当~~に上手い!!

昔の俳優さんたちのコメディの質って、今と全然レベルが違うという感じ。

もう、物凄く豊かで、見てるだけでワクワクしちゃう。

比べても意味無いほど、今の演劇やお笑いって、失われたものが多いんだな…と、ついつい思ってしまいました…。

すごく笑えるんだけど、やがて哀し、みたいな、なんともいえないほろりとした後味なんですよね…。

登場人物たちも、みんな馬鹿馬鹿しい人達なんですが、何か哀しいものを持っていて。映画自体のニュアンスもすごく複雑で、これでコメディなんだ…とびっくり。

駅前シリーズは他にも名作があるそうなので、時々覗いてみたいなと思っています。

社長シリーズも、まあ、そのうちに…。

しかし、目下の私の悩みは、映画の趣味がどんどんオヤジ臭くなっていくこと…。

なんだか、このごろ戦前とか、戦後間もなくの映画ばっかり見ているような…。

この上、社長シリーズなんか見ちゃったら、オヤジ化が更に進んでしまう…。

一応、ハリポタとかも見てるのに…。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子

同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。