餃子マシン

最近、浜松では「浜松餃子学会」というものができて、色々活動しているらしく、巷には餃子マップなるものも流布しています。
色んな餃子のお店が地図つきで紹介されているので、とっても便利

テレビのニュースなどで見ていると、この学会の方たちが、餃子マシンを作って披露していました。
その彼らの嬉しげな顔がみょーに微笑ましくて・・・。

その時は

「変なものつくるな~。これって、そんなに意味あるのかしらん・・・」

と思っていましたが、今考えると幾分浜松的な発想なのかもしれない・・・!とも思います。
とりあえず、合理化してみる。機械にしてみる。
ホンダやスズキを生んだ土地ですわ~~~!という感じ・・・!

彼らによると、「この餃子を作る機械が浜松餃子を広めることに貢献する」んだそうです。
その脈絡がイマイチわからないけれど、浜松なら、それもありうるのか?!

ところで、餃子は宇都宮が有名ですが、浜松は餃子の消費量が宇都宮に次いで二位だそうなんです!
知らなかった~~~!
そんなに浜松の人って、餃子を食べてたんですか

たしかに、餃子の店は結構たくさんあって、色々食べに行ったりもしています。
それに、浜松に来てから、餃子を食べる機会も増えている・・・ような気もします。
美味しいお店も沢山あるしね
持ち帰り専門のお店も、まだ制覇していないところが沢山あるので、これも楽しみ

今まで行った餃子のお店で一番感動したのは、やっぱり老舗の「きよ」で、ここの餃子はちょっとカルチャーショックでした。
ちょっと夢に見るような味というか・・・。
機会があったらまた行きたい・・・。
でも、いつも待ってる人で一杯なんですよね、当然ながら・・・。
すご~く小さなお店で、戦後間もなくですかー?!みたいな雰囲気も味わえます。

だけど、餃子学会の発行したマップには、なぜか「きよ」が載っていないんですよね。
なんでかな~。
まあ、載ってなくても、有名店なので問題ないのでしょうけれど。

写真は、先週行った「福みつ」さんの餃子です。
このお店も古いお店で、お客さんで一杯でした。
キャベツ多めの餃子で、殆ど揚げてあるかな?くらいの感じでボリュームがありつつ、あっっさりしていて、美味しかったです~~

でもこれ、浜松式と呼ばれている形式のものじゃないんです。
浜松式の餃子は、フライパンに餃子を円形に並べて焼いて、そのまま皿の上にひっくり返して、真ん中に茹でもやしを盛ります。

このもやしが、餃子によく合うし、安くて簡単な付け合わせなので、すご~~~くいい思いつきだな~~と感心しています
これは浜松の発明ですよね、多分。
実に素晴らしい
自宅餃子でも必ずもやしはつけてます
でも、家人によると、私は焼き方がイマイチだそうで、修行が必要だそうです。

「じゃあ、お手本見せてよ」
と、家人に焼いてもらったこともありましたが、私のとどこが違うのよ程度の出来ではありませんか
餃子を美味しく焼くにはまだ道のりがありそうです

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子

同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。