【保存版】幸せで楽しい日本に|健康的な生活にするならVimで!

真田太平記

最近、ツタヤで昔のドラマのDVDを見つけました。

「真田太平記」NHK大河ドラマで、「いのち」など現代物を放送していた頃、、水曜日のドラマを大河的に充実させていた時期があり、その時作られたものです。

昭和60年です。原作は池波正太郎。

今までこのDVDを見かけたことがなかったので、「おお!」と思い、嬉しく借りてきました。

実は、このドラマ、家人が大好きなのです。私はドラマの方は全く見ていませんでした。

池波正太郎にはまっていたころ、原作本はちょろっと読み始めてみたことがあったのですが、池波作品って、ちょっと独特のクセがありますよね…。

大河的なものは吉川英治とか山岡荘八を読み慣れていたので、イマイチ世界に入っていけず、そのまま放置してしまった過去があります。

若かったからでしょうか~。今は平気かもしれませんね。(笑)

鬼平は大丈夫だったんですけどね!

このドラマ、真田兄弟の少年時代から大阪夏の陣までを描いているそうなのですが、真田幸村を草刈正雄、兄の真田信之を渡瀬恒彦、知謀に長けた父真田昌幸を丹波哲郎、その他もろもろ超豪華キャスト!

まだ8話くらいまでしか見ていないのですが、中村梅之介の徳川家康、まったりとしてるのに、目が怖くて~…!なるほど~家康はこうでなくちゃね~と思わせます!

幸村役の草刈正雄も、溌剌とした美青年で、感受性豊かに描かれていて、成長が楽しみですね~。睫毛長いし!!

真田兄弟と従兄弟だったが、実は異腹の兄弟とわかった角兵衛を榎本孝明が演じていて、これがあぶない人なんですが、ちょっと狂的な演技が実に鬼気迫る美青年ぶりで、ほんと目の保養ですわ~。

殆ど男しか出てこないドラマなんですが、かなり華やか!(笑)

8話あたりは、後の猿飛佐助が生まれたころで、真田のことはそれほど詳しくない私には新鮮!!

まあ、ちょっと年末で忙しくなるのでこの先はぼちぼち見ようかなという感じです。

でも、昔の大河で名作とされているものは、やはり見応えありますね~。

画面も、お城などCG?や特撮が使われていて、これも結構見ていると面白いんですよね。

予算が少ないけれど、工夫が凝らされていて、やはり脚本(金子成人ですからね~~)も言うまでもなく素晴らしいし、役者さんの演技に見とれますね。

西国に住んでいた頃は、、真田の庄ってどこにあるの?どっか真ん中へんかな?状態でしたが、遠州からだとそれほど遠くないんですよね。

上田も通りかかったことがあるし、上杉武田真田の絡むあたり、あのへんかな~?と思えたり、なかなか嬉しいです。

そうそう、西国にいたころは、飛騨がどこにあるのかも判然としなかったものです…。

脳内の地図って、かなり空白がありますよね…。(笑)

このごろは、中部がなんとなく埋まってきて、例えば岐阜がどんなところかもおぼろげにわかってきたけど、東北あたりは、いまだ空白地帯です。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子


コメントをお願いします。




 


同ジャンル関連ページ