【楽しい映画】バットマン・スーパーマンリターンズを観ました♪

どういうわけか「バットマンビギンズ」を今頃になってビデオを借りて見ました!
たまにしか映画を借りないのに、どうしてそういう選択になるかというと、自分でも不思議なのですが・・・・。

マスクものは比較的好きなので、楽しみにして見ましたが、渡辺謙の扱いが本当にひどかったです
特に謙さんのファンではありませんが、しかし、ひどい!
公開時に見たら、さぞかし腹が立ったことと思います。

そして、やっぱりバットマンも自分の衣装は自分で作ってましたね
あのガタイの大きい青年が、ちまちまと、しかも嬉しげにバットマンの武器であるコウモリの形の手裏剣を作っているところなんて、なんだか涙ぐましいような姿です。
スパイダーマンの時も、自分でコスチュームをちくちく縫っていたので、アメリカ人って変なことするな~・・・と思ったものですが・・・。

日本のヒーローのように、超自然の力とか、もの凄い科学の力とかで、ベルトが勝手に回って変身するとか、実は宇宙人だとか、そういうことはないんですね・・・。
勝手に変身してしまうのなら、それはヒーローのせいではないと思うんですが、自分で作ったコスチュームを嬉しげに着るというヒーローの心理って、なんなんでしょう?
明確な目的意識のもとでヒーローになり、そういう自分にある種の自己愛があるように見えます。
アメリカ人って、どんな人でも大統領になることを夢見ている、と何かで読みましたが、そういう感覚なんでしょうか・・・。

しかし、ちくちく自分のコスチュームを縫っているところなぞを必ずエピソードに入れるあたり、アメリカ人はそれがカッコイイと思っているのかもしれませんね
不思議なことです~~。
ヒーローというものに対するスタンスの違いが、大変面白いと思います。

それから、バットマンは仮面を脱ぎ捨てると、毎回めちゃめちゃセレブという設定ですが、今回のお屋敷はことにスゴかったです

ラスト近く、屋敷が焼け落ちて、周囲の景色が映るのですが、驚くなかれ、どこまでも田園地帯で、いったいあの近代的な「ゴッサムシティ」はどこに
というか、一体どこに住んでいるんだ、バットマンという感じでした。
まったくもって、ミラクルな映画です

「バットマン」と一緒に観たのが、「ミート・ザ・ペアレンツ2」です。
若い男女が結婚しようとして彼女の側の両親に挨拶に行きますが、その父親が元CIAのロバート・デ・ニーロという設定で、花婿候補が舅に虐められるというコメディです。

1はそこそこかな~、という感じだったのですが、今回の2は面白かったので、オススメです
彼と彼女の両親が初顔合わせというお話ですが、彼の父親はもと弁護士で今は主夫のダスティン・ホフマン、母親はセックスセラピストのバーブラ・ストライザンドという濃い顔合わせです。
役者も揃っているし、それがお話によく生かされていて、途中まで観て寝るつもりだったのですが、とうとう最後まで観てしまいました。
未見の方は是非・・・!
しかし、小さいお子様とご覧になると、ちょっと苦笑いする場面もあるかも・・・。


スーパーマンリターンズ

どういうわけか、スーパーマンリターンズを借りて観てみました。

相変わらず、ロマンティック&センティメンタルなお話で、トーンもそれほど変わっておらず、前作からのファンの方も特に違和感なくご覧になれるでしょう。
いや、センティメンタル度は予想以上に上がっていると言えましょう。

敵役のレックス(ケビン・スペイシー)はさすがの存在感で、CGもしっかり楽しめました。お話の中に、「え~~?そんなのあり?!」みたいなオドロキもあって、なかなか楽しめるお話だったと思います。

しかし、家人は途中眠ってしまったこともあり、人間関係がわからず、話について行けなかった様子。前作が未見の方は、ご覧になって行かれたら、なおベストかと思います。

それにしても、今回のスーパーマン、睫毛が濃い!!
比較的色白の役者さんなので、妙になんだか繊細そう~なスーパーマンでしたが、お話の関係上、それもよかったかなと思います。

多分、これ、次回作も見込んでのお話作りになっているんでしょうね。
女性としては、ちょっとスーパーマンにひとこと言いたいという感想は持ちましたが、それも含めておおむね良かったのではないかと思います。

今回の監督さんの、前作への大いなる郷愁がよく出ていて、興味深かったです。
強くて健全だった頃のアメリカへの郷愁というか・・・。
それをストレートに出して支持されるあたり、そういった感情にもやはり深刻な部分があるのかな・・・とも感じました。

浜松市在住 東風 佳代子浜松 東風 佳代子

同ジャンル関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。